虹の橋の瞑想

本ホームページ内容の原著作権はホゼ&ロイディーン・アグエスに帰属します。

Rainbow Bridge Meditation

The purpose of this Meditation is to generate a telepathic wave of love
that connects ourselves with the center of the Earth, with the bipolar
rainbow alternators that hold Earth's magnetic fields in place, and with
all of the other planetary kin who are doing the same meditation. By
establishing this world-wide telepathic Earth wave we are creating a
matrix of communication which brings the noosphere - Earth's mental
envelope - ever closer into conscious manifestation. This matrix also
provides a protective field of genuinely positive thought vibrations
meant to maintain Earth's resonant field in a state of harmony and peace.

この瞑想の目的は、同じ瞑想を行う他のすべての惑星キンと力を合わせて、しか
るべき場所に地球の磁場を保持する両極の虹の交流発電機を働かせて、私たちと
地球の中心をつなぐテレパシー的な愛のウェイブを生成することにあります。こ
の世界中に広がるテレパシー的な地球ウェイブを確立することによって、私たち
は、意識の現われの中に精神圏(地球を包む精神的な層)をかつてないほど身近
にもたらす、コミュニケーションのマトリックスを創造することになります。こ
のマトリックスはまた、調和と平和の状態にある地球の共振場を維持するための、
真に肯定的な思考のバイブレーションの保護場を準備します。

rainbow-bm.jpg

The goal of this annual meditation exercise is to actually manifest
Earth's Rainbow bridge
- the day-night alternators of Earth's magnetic field -
by the closing of the cycle, Winter (North) Summer (South) solstice,
2012.

この毎年の瞑想実践のゴールは、2012年の冬至(北半球。南半球では夏至)に起
こる「大周期の閉じ目」までに、地球の虹の橋 -地球磁場の昼・夜の交流発電機-
を実際に出現させることです。

This Rainbow Bridge is the bridge of peace long prophesied that will
permanently connect the third-dimensional Earth with the fourth and
higher dimensions, assuring a peace and harmony that will not be able to
be broken. In order that all beings may participate in this meditation
whether or not they have ever heard of the synchronic order, we offer
this universal version of the Day Out of Time Rainbow Bridge World Peace
Meditation.

この虹の橋は、三次元の地球と四次元以上を永久につなげ、壊されることのない
平和と調和を確証するであろうと古くから預言されてきた平和の橋です。共時性
秩序について聞いたことがあるか否かに関係なく、すべての存在がこの瞑想に参
加できるよう、我々はこの時間をはずした日の世界平和の虹の橋の瞑想の普遍的
なバージョンを提示します。

You may do this alone or in a group - early in the day is best, but
whenever you do it is fine. If you are in a group, gather in a circle if
you can, seated on the ground or floor if possible, with your legs
crossed. Take a few deep breaths, inhaling what is negative, transmuting
that within yourself and then exhaling what is positive and purifying.
Then close your eyes. Visualize that you are in the center of the Earth.
Then visualize the giant octahedron crystal core. Four faces of the
crystal end in a point along the North polar axis. The other Four join
at a point aligned with the South polar axis. Surrounding the giant
octahedron crystal is the Earth's inner membrane, like a drum resonating
the surface of the outer Earth. The Northern half of the crystal has two
red and two white faces; the Southern half has two blue and two yellow
faces.

この瞑想は、一人でも、またグループですることもできます。早朝に行うのがベ
ストですが、いつでも行うことができます。グループであれば、可能なら地面か
床に脚を組んで座り、輪になります。何回か深呼吸をします。ネガティブなもの
を吸い込んで、それを自分の中で変質させ、ポジティブで浄化されたものとして
吐き出します。それから目を閉じます。あなたが地球の中心にいることを視覚的
にイメージしてください。「地球の内部にある」巨大な正八面体の水晶核を視覚化
してください。水晶の4つの面は北極軸に沿ったポイントに収束します。他の4
面は南極軸のポイントで接合します。巨大な八面体水晶を囲んでいるのが地球の
内膜で、それは地球外面と共振するドラムのようです。水晶の北側には赤と白の
面が2つずつあり、南側には青と黄色の面が2つずつあります。

Now you go inside the crystal.

さあ、水晶の内部へ向かいましょう。

In the center of this giant crystal is an intensely blazing point of
white light. An etheric column or axis of light extends North and South
from the blazing center point through the tips of the octahedron going
on to the North and South poles at the Earth's exterior. Around this
etheric vertical magnetic axis of light, are two intertwined flux tubes
through which plasmic energy is continuously passing. Coiled around each
other like the two strands of DNA, the flux tubes are red and blue in
color. They deliver plasma -electrically charged ions - to the blazing
point at the center of the Earth.

この巨大な水晶の中心は、白色光の激しく燃えているポイントです。その燃え上
がる中心からエーテル状の光の柱あるいは軸が南北に伸び、正八面体の先端を通
って、地球外部の北極と南極まで達しています。この垂直に伸びたエーテル状の
光の磁気軸の周りには、2本のからみ合った流動管があり、プラズマ・エネルギ
ーが絶えず流れています。DNAの紐のように互いにらせん状に巻きあう2本の
流動管は、赤い色と青い色をしています。この管によってプラズマ(電気的にチ
ャージされたイオン)が地球の中心の燃えるポイントまで運ばれます。

Strung on the northern axis of this column of light with the two flux
tubes wound around it is the red time atom. Around the southern axis of
light is the blue time atom. The red and blue polar time atoms turn in
opposite directions to each other, the red northern time atom in a
clockwise direction, the blue southern time atom in a counterclockwise
direction. The time atoms consist of seven points: a center point two
points at either end of the vertical axis, and two points each -four
points in all- equidistant to each other on either side of the central
axis. The six outer points of the time atoms are almost in the shape of
a hexagon, a six-sided figure

この光の柱の北の軸に連なって、2本の流動管が巻きついたあたりに赤い時間原
子があります。光の南の軸の方には青い時間原子があります。赤と青の極の時間
原子は互いに反対向きに回転しており、北の赤い時間原子は時計回りに、南の青
い時間原子は反時計回りに回っています(※)。時間原子は7つの点、つまり、
1つの中心点、垂直軸の両端の2点、中心軸の両側から相互に等距離にある2点
ずつ(4点)で構成されています。時間原子の外側の6つの点は、6つの辺をも
った図形、ほぼ正六角形の形です。

※:北極側から極軸を見おろした場合の動き

The gravitational plane of the octahedron crystal, emanates horizontally
out from the blazing luminous center of the crystal, extending to the
four points that mark the edges of the crystal, where the four northern
and four southern faces of the octahedron meet. The gravitational plane
connecting these four points is like the base of two pyramids - one
pyramid extends from this base with four faces to the northern point of
the octahedron, and the other four faces to the southern point. Along
this gravitational plane exactly opposite each other are two more time
atoms: a white one and yellow one. These two gravitational time atoms
are constructed just as the red and blue polar time atoms, except that
their two axial points are aligned with the gravitational plane, lying
on their side as it were and perpendicular to the polar time atoms.
These white and yellow time atoms turn around like paddle wheelers
making a slow circular motion, counterclockwise, from left to right
around the central point of blazing luminosity.

燃えるように光っている水晶の中心から水平に広がっている正八面体水晶の重力
の面は、正八面体の北の4つの面と南の4つの面が出会うところ、水晶の角があ
る4つの点にまで伸びています。これらの4つの点を結んだ重力の面は、2つの
ピラミッドの底面に似ています(1つのピラミッドはこの底面から正八面体の北
側の4面へと広がり、もう1つは南側の4面へと広がる)。この重力の面に沿っ
て、正確に相互に反対になるところにあと2つ、白い時間原子と黄色い時間原子
があります。この2つの重力の時間原子は、赤と青の極の時間原子と同じ構造を
していますが、その軸の2点は重力の面上にあり、極の時間原子とは直角になる
ように横になっています。白と黄色の時間原子は外輪船のホイールのように、燃
える光の中心点の周りを左から右へと反時計回りにゆっくりと回転しています。

Once you have visualized the octahedron crystal core of the Earth with
its eight faces, four time atoms, etheric column of light and two flux
tubes, then visualize that from the center of the crystal a great stream
of multicolored plasma filled light shoots up in both directions toward
both of Earth's poles. Now you have gone from the center of the Earth to
a point out in space where you are seeing the whole Earth. While you can
still see the crystal octahedron at the center of the Earth, at the
North and South poles the stream of light shoots out to become a great
double rainbow bridge -the day alternator and the night alternator of
Earth's magnetic field made visible. Two rainbow streams connect the
North and South Poles of the Earth, exactly 180 degrees apart from each
other. As the Earth slowly revolves on its axis, this rainbow bridge
remains steady and constant, unmoving.

8つの面をもつ地球の正八面体の水晶核と4つの時間原子、エーテル状の光の柱
と2本の流動管が視覚化できたら、さまざまな色をしたプラズマに満たされた光
の大きな流れが水晶の中心から地球の両極に向かって急上昇しているところをイ
メージしましょう。いま、あなたは地球の中心から、地球全体が見える宇宙空間
へと移動しました。あなたには地球の内側の水晶の正八面体がまだ見えていて、
北極と南極では噴出する光の流れが大きな二重の虹の橋(地球磁場の昼の交流発
電機と夜の交流発電機)になって見えています。地球の北極と南極をつなぐ2つ
の虹の流れは、互いにちょうど180度離れています。地球はゆっくりと地軸に
沿って回転しますが、この虹の橋は安定しており、そのまま動くことがありません。

Once you have completed the visualization take the whole Earth revolving
beneath the rainbow bridge and place it in your heart. Imagine the two
streams of light shooting out through your central column above your
head and beneath your feet. Now they make a similar rainbow bridge
around your body, holding your aura in place.

全体のイメージができたら、虹の橋の中で回転している地球をあなたのハートへ
と持っていきましょう。光の2つの流れが、あなたの中心の柱を通って、あなた
の頭上へ、そして足の下に向かって吹き出しているところを想像してください。
いま、あなたの身体の周りにも同じ虹の橋ができています。

Now you and the Earth are one. The Rainbow Bridge of World Peace is real.

いま、あなたと地球はひとつです。世界平和の虹の橋は現実のものです。

There is a science behind all of this. What exists at first in the
imagination, visualized by enough people in a telepathic wave of love,
will in time become a reality.

このすべては科学に裏打ちされています。存在は、最初はイマジネーションの中
にあり、愛のテレパシー的なウェイブをもった十分な人々によって視覚化される
とき、それは現実のものになるでしょう。

本資料は、時間の法則財団のサイトの下記ページを翻訳・転載したものです。
原文:http://www.lawoftime.org/law/rainbow.html

Copyright (c) 2004 by Jose Arguelles
Japanese translation (c) 2004 Y.Ryuuo