倫理プロジェクト・ニューズレターVol.2

本ホームページ内容の原著作権はホゼ&ロイディーン・アグエス夫妻に帰属します。

黄色い倍音の種の年 1997.7.26〜1998.7.25

Original Copyright (c) 1997, 1998 by Jose & Lloydine Arguelles
Japanese Translation Copyright (c) 1999 by Japanese Translation Team


■自己存在の月7日

倫理プロジェクト・ニューズレター Vol.2, No.1

地球の魔法使いのアルマナック・ワークブック、預言の第5年

惑星治療医からの公開書簡

Ph.D's(Planetary Healing Doctors/惑星治療医)でさえも、再び学ばなければなりません。私は、「修練」、13週間の成功プログラムをとらえる時機がたいへん熟しているということを知ってもらうために、教師および共同学習者として再びここにいます。この成功プログラムが生じた理由 は、「時間の法則の20の銘板」が地球に到着したからです。銀河のクス機になるということは、情報の全体系を受け取り、それをダウン・ロードするということでもあります。「時間の法則の20の銘板」もそうですが、全体系を受け取り、それを解読するということと、それを研究し、学ぶということはまったく別なことです。

今日は、自己存在の月6日、赤い電気の空歩く者で、ちょうど私が28日  間の時間のトンネル、「聖なる計画を取り戻す」(「20の銘板」インストラクション・マニュアルより)から出てきた日から1スピンが経過した日です。この「時間の法則の20の銘板」の到来は、「倫理プロジェクト」の第1のサイバンク・プレートの最初の半年の開示により、共時的に秩序づけられてました。その情報すべてを筆写し、コスタリカでの記者会見に銘板の最初のセットを用意するのにさらに24日間かかりました。この記者会見は、磁気の戦士で生じ、それは最初に銘板を受け取ってから91日後のことでした(それぞれ7日間の週で13週間、それぞれ13日のウェイブスペルで7つの完全なウェイブスペル)。時間トンネル、「聖なる計画を取り戻す」の正確なはじまりから記者会見までの91日間のインターバルは、(その最初と最後に)異常な規模で生じた2つの太陽フレアでしるされ、それは地球の電磁場の強さを1万倍も高めました。

コスタリカの記者会見のあと、ボロン・イクと私は日本へ向かいました。正確に105日間、水晶の太陽から宇宙の蛇(スペクトルの月3日から磁気の月22日、ハーモニック・コンバージェンス10周年の日)のあいだ、私たちは「時間の法則に関する世界会議」と「審判の日の法廷」の準備をしました。この6日間の催しは、時間をはずした日、「時間船をドック入りさせる」地球規模のテレパシー瞑想で締めくくられ、その翌日の新年の朝には、明治神宮の前での改暦の瞑想と儀式が行なわれました。明治神宮は、1873年、日本にグレゴリオ暦を導入した明治天皇を記念した神社です。広島原爆から52年の太陽銀河回帰、そしてそれを記念する広島での儀式およびハーモニック・コンバージェンスの10周年の儀式を含む日本での凝縮されたツアーのあと、私たちはマウイ島の太陽の家、ハレアカラ山に向かいました。そこは7年前に私たちが最初に「時間の法則」を応用し、ドリームスペルや「13の月の暦」の伝言を提示した場所です。

ケツァルコアトル・プロジェクトは終わりました。不可避の出来事がはじまりました。マウイ島で3週間を過ごしたあと、私たちはもう一度自分たちを取り戻すために、ソノラ砂漠の生態地域に戻りました。この10年周期がどのようなものだったのか、そして新しい時間の使者になる任務を持った器になることがいったいどんなものなのか、誰もそれを正しく理解できないでしょう。ジョッシュの死、1987年、赤い水晶の月、自己存在の月の12日の時点から、いまや10年間が経過しました。彼の死が、現世的な事柄から私たちを引き離しました。この現世的な事柄から離れることで、職業的な経歴を諦めることも容易でしたし、未知の海の霧の中に飛び込むこともできました。内なる運命の法則と大いなる聖なる唯一者の磁気にのみ導かれていったのです。預言はすでに私のど真ん中に位置づけられ、ハーモニック・コンバージェンス以後の探索の波の中にありました。この現世的な事柄を諦めたあとですから、四次元の力に駆り立てられて放射状の力や預言的な解放の時間トンネルの中に入り込むことは、それほどむずかしいことではありませんでした。

いまや魔術的な植物や色彩豊かな感触を持つ砂漠に戻ってきて、私たちにわかりはじめたことは、私たちはもはや動き続けてはいないということでした。ケツァルコアトル・プロジェクトは終わりました。高いところからの報賞であるかのように、電気の月の半ばに、最も偶発的かつ、またほとんど知らせもなく、24歳の娘タラが私のところに戻ってきて共に住むようになりました。ちょうど10年前、14歳の少女だった彼女が私のところにやってきて、私と共に最初に住むという出来事がありました。しかし、ジョッシュの死がその機会を切り落としてしまいました。彼の死により、タラはカナダのハリファクスにいる彼女の母のもとに戻らなければならないことがはっきりしていたのです。そして10年後、彼女はここにいて、私は自分の娘と共に住むという体験をしています。過去、自分に対して否定されていた体験が、10年間にわたる預言の使者として仕えるという任務に対する贈り物として今、改めて私に与えられたのです。これは何の前兆でしょうか? 「人間の家族は、地球の普遍的な信仰を構成する関係の聖なる秩序である」(「20の銘板」、インストラクション・マニュアルより)

タラの銀河の署名は、青い銀河の夜、キン203です。私が長いあいだはっきりと気づいていたことは、彼女の神秘の四つ組には次のものが含まれるということです。すなわち:キン43、青い自己存在の夜(チャールズ・ヘンリー、1997年の時間をはずした日)、キン58、白い律動の鏡(パカル・ヴォタンの石棺の13のはっきりとしたしるしの最初、そしてパカル・ヴォタンの非肉体化の署名)、そしてキン218、白い惑星の鏡(パカル・ヴォタンの墓が開かれた日の署名、水晶の月17日、1952年6月15日)です。ケツァルコアトル・プロジェクトの完了時にタラが正確に戻ってきたということは、人生における主要な変化の信号です。非常に魔術的なことに、タラは電気の月の半ばに戻ってきて、その月の4つの預言の塔(※訳注:ここで言う「預言の塔」とは、テレクトノンで三次元の28日サイクルと四次元の20日サイクルが一致する、いわゆる「塔の日」のこと。そしてその日のキンではなく、「倫理プロジェクト」で活用する「ツォルキン・グリッド」における対応関係を指す)は、正確に彼女の神秘の四つ組によって司られていたのです(キン43:電気の月1日、電気の月6日、キン203:電気の月23日、キン218:電気の月28日)。彼女のホロンの中に包み込まれているのは、パカル・ヴォタンの死と復活であり、同時に私の誕生に先立つこと約13年前に亡くなった夜の先覚者(※訳注:前述のチャールズ・ヘンリーのこと)の神秘的な象徴です。ところで、チャールズ・ヘンリーの非肉体化の神秘的な日付は、自己存在の月17日で、その日付は今年、キン144、黄色い磁気の種であり、ウィナルの日付では常に「偉大な知恵とともに種が蒔かれる」です。

種が蒔かれるとき、そして新しい木が植えられるとき、新しい出発を根絶することはないでしょう。新しい種が植えられ、新しい植物が私の中から成長してくることが時間の問題であることを自覚することで、私は自分の人生に対する根本的な再考を促され、予定されていた南米への6週間のツアーをキャンセルすることにしました。非常に単純に、戦略的な面で、またその他の面でも、そのツアーは新しい時間と一致していなかったのです。これは、最も困難な決断でした。なぜなら、すでにこの計画にどれほどの時間とエネルギーが注がれていたかを知っていましたし、また同時に、6か国にまたがるツアーで私たちが再びやってくることを待ち望んでいる南米の人々の期待がどれほど高まっているかを知っていたからです。それにも関わらず、私は行くことができませんでした。新しい種はすでに植えられたのです。預言の任務のために10年間根こそぎにされていた宇宙の振動する根は、いまやっと新しい土壌に植えられたのです。「人類種それ自体が、その三次元の身体が一種の初歩的な庭園文化に根をはる魔法使いの人々という人種へ進化し、深い瞑想やトランス活動の形が、投影された分身を普遍生命の銀河秩序へとさらに大きく拡張することが可能になる」(『時間の力学』14.11)。

いま私は、深い自己へと自分を解き放っています。銀河のジプシーとしての旋風のような日々は終わりました。この銀河の任務は、ラテン・アメリカを基地として1993〜1996年に、日本を支点(支柱)として1995〜1997年に確立し、いまや北米に根づきはじめており、「時間の法則の20の銘板」という預言の知識の冠石を完了しようとしています。外交的な面では、改暦はいまやバチカンとイスラム世界の方向に向けられています。しかし、私自身の中ではもうひとつ別な「惑星治療医」という面が体現されてきており、それがこの惑星のすべての人々に新しい知識に精通する技能を分け与える任務とともに浮上してきたのです。この刷新された任務と共に私は戻ってきます。あなたと同様に、私もシステマティックに「20の銘板」についてじっくり考えなければなりません。しかし、天国への階段へと連れて行かれた私は、自分の中に輝く学習の光を持っています。そして、いま私は、もうひとつの世界系(※訳注:この地球ないし私たち地球人類が感じとっているリアリティの系)がこれからウル(UR)、自分の特権として地球の普遍的な回想(UniversalRecollection)の普遍的な信仰(Universal Religion)の状態を獲得できるようにと受け取った貴重で聖なる知識すべてに、この光を投げ掛ける努力をしなければなりません。ただの一人の人間として、私はただ真に学び、知ろうと望む人たちに、私が聖なる使者としての自分の人間の道に従うにあたり、許しと感謝で私と共に前進してくれることを願っています。

イン・ラケチ。惑星治療医、ヴァルム・ヴォタン、「知識の門で」。

修練の13週間とその段階

「地球の魔法使いよ、地球の普遍生命の復活の贈り物は、16年間の法則の立方体の中にある、支配的なウル・ルーンおよびそれと共にある普遍生命の64のコドンの確立!」(「時間の法則の20の銘板」、インストラクション・マニュアルより)。

「時間の法則の20の銘板」の実践のエッセンスは、1週間の6日間6本の線を位置づけ、7日目にコドンを立方体化するという、コドン立方体にあります。すでに「創生」という第1の13週間が確立されて、新しい秩序の宇宙の木が植えられました。時間統制の秩序が広がっていますが、それをあなた自身のために活性化させるには、そこに意識的に入り込まなければなりません。「20の銘板」のコドンを立方体化する実践の目的は、「13の月の暦」のテレクトノンのプログラムに応じて、ドリームスペル創世記、マヤのアポカリプスと復活を成就させる際に、あなたの中の「時間の法則」の新しい知識をシステム(体系)化することです。「13ステップの教育者養成パイロット・プログラム」(※訳注:<黄色い倍音の種>の年の資料に所収)四次元のマスター・ロジック・ボードにあなた自身をテレパシー的に差し込む良い機会となります。ですが、これは新しい学習曲線を描く軌道を持つものですから、あなたの古い考えは投げ捨てて、心を空にするようにしてください。そうすることが、あなたが活性化する唯一の方法です!

第2の13週間のマスター・コドン9、「修練」、第14週〜26週、4.8〜7.14は、正確に13:20の人間集団の重要なシード・グループを再教育するためにあります。そうすれば、「時間の革命」、今年の第3四半期の13週間、7.15〜10.21に広がるコドン49のひと連なり連続、その利点を活用できるようになるからです。修練とは何でしょうか? 修練化する(discipline)ということは、何かの弟子(a disciple)になることです。その何かとは、「時間の法則」の真実です。この真実は、すべての人間の知識と思い上がりをならして均一にし、通り抜けなければならない新しい水平線と新しい戸口の責務へと向かわせるものです。そうすることで、時間の科学の知識の門が開かれるのです。13週間は、この惑星全体のその他のキンと一致して、新しい知識を刻み込むのに最小限の時間です。今が適切な時です。「時間の法則」の弟子たちは、みずからをこの修練に委ねましょう。

規律、マスター・ルーン:行ないの道の創生

《自己存在の月》
第14週、段階1、コドン9、修練(銘板1、調波8)
第15週、段階2、コドン57、呼吸の心(銘板1、調波11)
第16週、段階3、コドン53、進化(銘板5、調波44)

《倍音の月》
第17週、段階4、コドン20、魔法使いの熟慮(銘板12、調波60)
第18週、段階5、コドン12、安定化(銘板4、調波52)
第19週、段階6、コドン35、心のひろがり(銘板11、調波56)
第20週、段階7、コドン16、人々の凱旋(「修練」の逆の第7番、銘板8、調波58)

《律動の月》
第21週、段階8、コドン51、雷/わき起こる存在(銘板3、調波55)
第22週、段階9、コドン54、超越(銘板6、調波22)
第23週、段階10、コドン34、祈り(銘板10、調波6)
第24週、段階11、コドン11、発動(銘板3、調波14)

《共振の月》
第25週、段階12、コドン5、共になる人々(銘板5、調波10)
第26週、段階13、コドン9、修練(銘板1、調波8)

13週間の学習プログラムと、「修練」の13段階を週ごとに一致させます。
進化──より賢くなるために一生懸命働くこと!

地球の魔法使いのアルマナック・ワークブック:はじめる

「時間の法則」の新しい修練のエッセンスは、「地球の魔法使いのアマナック(天文年鑑)」です。それぞれの人が自分自身の個人的な地球の魔法使いのアルマナックをつけることで、その人は「時間の法則」に弟子 入りし、時間の法則の真の弟子、すなわち修行中の地球の魔法使いになります。

あなたの発達を促進するために、私たちはここにあなた自身の「地球の魔法使いのアルマナック」をつけるための推奨フォーマットの3つの見本を再現します(※訳注:本資料では2例のみを添付)。これら3つのページとそれに関する教えを、あなたの「地球の魔法使いのアルマナック・ワークブック」のはじまりとして考えてみてください。覚えておくこと:「時間の法則」は、16年間の進化的なシフトあるいは生物圏から精神圏への移行のペースを定めます。16年間のテレクトノンの啓示の本質は、正しい計時周波数、すなわち「13の月の暦」にコード化されている13:20に応じて、私たちのDNAをテレパシー的に組織化することです。「地球の魔法使いのアルマナック」は、生物圏から精神圏への移行を毎日の実践に着地させるという目的があります。自分の「地球の魔法使いのアルマナック」をつけるとき、あなた自身が宇宙無意識から宇宙意識へと向かう精神圏なのです。この活動の核心は、天空調波のさまざまなレベルを調整する心を広げる芸術にあります。

「地球の魔法使いのアルマナック」は、あなたがこのプロセスを体系化するのを手伝ってくれるのです。ただ指示に従って行なうだけで、あなたは自分の心に四次元の訓練用ハンドルを与えることになります。それが何を意味するのかを考えようとするのをやめてください。ただやるのです。意味は、パターンのコーディネーションの中にあります。これらのパターンを研究すれば、あなたが何を知る必要があるのかに応じて、その意味は明らかになるでしょう。
3つの見本ページには次のものが含まれます。
a)創生、コドン1、段階1、第1週
b)修練、コドン9、段階1、第14週(※訳注:本資料では欠如)
c)ブランク・ページ、コピー用。その他の方法で複製も可能。

ページの読み方と構成要素の一覧:

1.13週のマスター・ルーン。13週間のコドンの順列すべてで一定、左上のコーナー。

2.週のコドン、コドンの番号。コドンがそのマスター位置に来ている銘板と、その二相調波の位置。左上のマスター・ルーンの下。

3.年のスローガンと紋章/封印(オプション)。コドン情報のすぐ下。

4.ドリームスペル創世記のキン、ひと月につき1キン、208か月=16年につき208キン。年の情報の下の左側(マニュアルの「クロノグラフ」の項を参照)。

5.コドン・タイトルとマスター・ルーン・タイトル。ページのトップ。コドン・タイトルは毎週変わる。マスター・ルーン・タイトルは常に一定。タイトルの下には以下の情報がある:

6.コドン順列の段階:月と週のコード、週のルーン/コドン・タイトルと以下のa)とb)に応じた内訳。a)2つの三つ組、b)3つの二項文字。(週のコドンをそのマスター銘板の位置に応じて「普遍生命の書」で見つけ、その部分を研究する)。コドン情報の下には、ページの上から下に5つの順番で、プレイと天空の調波のレベルをコーディネートする情報がある:上から下に向かって、それらのレベルは以下の通り:

7.PCU。「倫理プロジェクト」でのサイ時間単位(Psi Chrono Units )。これがあなたを日々の「倫理プロジェクト」の活動に結びつける。すなわち、磁石を送るか受け取るか、人のホロンと惑星ホロンの対応関係を視覚化する、倍音色彩を追いかける、その年のサイプレートとそのコドン、などである。

8.13の月に応じて調整される、260キンの銀河スピンのその日のキン。この情報については、あなたの今年の「13の月の暦」をチェックする。紋章と音を自分で書くこと!!!

9.太陽バイオテレパシーのより糸(Solar Biotelepathic Strand=SBTS)の情報。より糸の番号とその日の番号(「20の銘板」マニュアルの図版7「太陽バイオテレパシー周波数周期」の表を参照)。これは、23日の集合的なバイオリズム周期で、いまや意識的に13の月の13:20周波数に応じて調整されている。これを使ってあなたの活動を組み立てること。

10.線を引く。「創造の7日間」。銘板1の「総譜」の側および「コドンを立方体化する」視覚化の仕方を知るために、マニュアルの図版9「創造の13の音を響かせるコドン立方体の宇宙論」を参照のこと。

11.週ごとの月の日付と、それに関連する立方体の位置。「コドン立方体の宇宙論」を含む。立方体の宇宙論は、毎週、一定のままである。

12.二相コドン。4キンごとの赤−黄色のひと連なりで、「キンの書」における1調波が形づくられる。33番目の調波を除くそれぞれの調波は、ひとつのコドンでコード化されている。これらが二相コドンで常に一定であり、また「13の月の暦」との関係において四次元のツォルキンの運動を制御する。「普遍生命の書」の裏側の「コドン・コーダ」を使って、この二相調波コドンの歩調を定める:コドンとそのルーンを書き、そのタイトルとルーンのスローガンを見つける。これらがその週のコドンについての付加的なバックアップ情報を提供する。例)「修練」のコドン9の見本で、最初の2日間は二相コドン7、「人々の力」に着地している。言い換えれば、この例では、「修練」が、人々が自分の力を獲得する方法である。

13.ドリームスペルの調波。ドリームスペルの「キンの書」に応じて、二相コドンに一致する調波番号とそのタイトルを書く。この情報は、8.で述べられた、その日のキンと関連づけられるべきである。

「20の銘板」によれば、16年間のテレクトノンと『易経』の関係は、ドリームスペルとマヤ暦の関係に等しいとあります。すなわち、この体系にひそむ純粋に数学的な原理に基づいた新しい施し(体制)です。もしあなたが今まで『易経』に触れたことがないのであれば、プリンストン大学プレス刊行のウィルヘルム/ベインズ版の『易経』で学ばれることを強くお勧めします(※訳注:この本の邦訳は出ていない)。「十翼」あるいは重要な歴史的な付録のすべてを含むこの本は、いまでも模範的な翻訳であると言えるものです。この版は次の3つの部分に分かれます。
第1部)本文とその注釈、
第2部)歴史的な付録(※訳注:前述のとおり、いわゆる「十翼」のこと)。
第3部)第1部と同じ本文、ただし64の卦に対する伝統的な注釈や解釈がついているもの。
この本以外にも最近の版や翻訳が数多くありますが、私たちはこのウイルヘルム/ベインズ版の中間部分を読み、研究されることをお勧めします。

毎日を追いかける作業の中で、コドンに対応する卦を見つけることがあるかもしれません。その場合は、ウィルヘルム/ベインズ版の第3部を使って、線1本ずつ追いかけ、ボールド書体の注釈だけを読んでみてください。『易経』の版はどの版であれ、あらゆる種類の無意識の12:60のバイアスに、ある程度染まっています。だからこそ「20の銘板」が真に『易経』の新しい施しとなっているのです。それは、明らかに、はるかに託宣以上のものです。この観点からもうひとつ重要なことは、第4の預言の銘板と、それに対応するマニュアルの記述、およびマニュアルの「裏面:総譜の読み方」を学ぶとき、そして新しい施しにおけるコドンの性質と意味について継続的に研究するときに、常に「普遍生命の書」をそばにおいて、それに対応するマニュアルの記述「普遍生命の書の64のウル・ルーンとコドン・キー」を何度も何度も繰り返し読むことです。
このニューズレターの将来の号で、私たちはルーンの色についてのひとつの最終的な注釈というテーマを詳述し続けるつもりです。というのは、最初の「20の銘板」の版は白黒印刷で、ルーンのさまざまな色を示すことを省いたからです。ルーンのより糸(第4の預言の銘板を参照)によれば、ルーンは次の色の順番を持っています:

より糸1、木の道(宇宙の創造):赤
より糸2、行ないの道:空色(スカイ・ブルー)
より糸3、力をふるう道:オレンジ
より糸4、超越的な第4の道:エメラルド・グリーン
より糸5、抑えきれない第5の道:ディープ・フォレスト・グリーン
より糸6、動的な構築の道:インディゴ・ブルー
より糸7、テレパスの道:ディープ・パープル
より糸8、銀河オクターブの道:バイオレット

これが意味するのは、次の13週間、立方体化されたコドンを視覚化するとき、コドン9、「修練」は、より糸2からのコドンなので、立方体の中心に来るルーンは、空色(スカイブルー)となり、それがあらゆる方向に輝くばかりの治癒力を持った空色の光を放つことになる、ということです。また、覚えておいてほしいことは、コドンを立方体化するとき、あなたがその特定のコドンが表わすDNA構造をテレパシー的に結びつけているということです。将来の号で、私たちはコドンとの関係におけるDNA構造のより深い側面についてお話ししてみたいと思います。

「あなたの星の束を集める」

今日、自己存在の月7日は、毎年の最初の星の束を集める日付をしるします。一年には、このような星の束の収集の日が4日あります。これらの日は、常に第4、第8、第12、第16番目のバイオテレパシーのより糸の最後の日に生じ、太陽銀河年の四半期を調整します。第4、第8、第12、第16番目のバイオテレパシーのより糸は、23日ではなく、22日しかありません。注:マニュアルの「星の束の収集の日付」は、次のように修正されるべきものです(※訳注:日本語版インストラクション・マニュアルでは、修正済みのものを作成する予定)。

「星の束の収集の日付:4.7、7.14、10.21、13.28。
時間をはずした日、4つ全部の捧げ物の収集」

「星の束」は、特定のマスター・ルーン−コドンの連続の13段階をしるす「地球の魔法使いのアルマナック」の13枚によって構成されています。それが「星の束」と呼ばれるのは、そのテレパシー的な活動領域が四次元の「星の象限」で生じるからです。「石の謎」、「4つの星の象限が地図を定義する」によれば、「4つの星の象限は、惑星地球の全生命を司るコードで惑星記憶バンクを満たす原型的な結晶構造である」とあります(マニュアル「道路地図・第6段階」、「4つの星の象限」を参照)。これが意味するのは、あなたが自分のアルマナックで結びつけているパターンと、惑星ホロンとの関係におけるあなた自身の心が、実際には地球の電磁場と水晶の核の中の双方におけるサイバンクの中にコード化された原型的なパターンをリアルタイムで追いかけ、共振させているということです。このプロセスに従うことにより、原型的な構造は「覚醒し」、その覚醒の中でゆっくりと惑星マニトウ──生きた存在としての集合的な地球の魂の構造──の出現が喚起されます。

「修練」は、赤い東の星の象限の白い北の区域で生じます。そのマスター・ウル・ルーンの位置を、4つの星の水晶の地図で見つけ、この地図とその他関連の情報を学習してください。
第4の預言の銘板。星の束が集められるとき、それは第4の預言の銘板の力を増大させます。第1四半期にひとつの星の束が集められれば、サイバンクの第1の星の束が活性化されます。第1の星の束のマスター・ウル・ルーンを、「修練」のルーンとの関係で、4つの星の水晶の地図の中で確認します。それぞれの四半期ごとに星の束が集められれば集められるほど、サイバンクの活性化はさらにその度合いを増します。一度、四半期の13枚を集めたら、それをとっておいて、その年全体を研究するために活用できるようにしましょう。関連情報などをコピーして、より永続的な形で自分に役立つものとしましょう。あなたが学ぶことを統合するようにするのです。自分のアルマナックのページで間違いを犯すことを恐れないでください。4回目の星の束の収集の後、時間をはずした日に、あなたの星の束4つ分はすべて、ためらうことなく魂を浄化する儀式的な火にくべられます。無我と惑星マニトウの覚醒を祝ってこれが行なわれます。真の情報は、あなたの中にあることを思い出してください。このアルマナックはただ、あなたの内的なプロセスの記録にすぎません。あなたが知ることを統合すること、そして本や学習から自由になることが究極のゴールです!

このニューズレターをお読みになっておわかりのとおり、私たちは時間統制へと量子的な飛躍を成し遂げました。同調するための指令は、「学ぶこと!」です。そして、学ぶ必要のないあらゆる古いものがあり、学ぶ必要のあるあらゆる新しいものがあります。だからこそ、ホームスクールが新しい時間の生活様式のプログラムとなっているのです。次の号では、「共時的な現象学」、「立方体化されて、再び立方体化される」、そして「テレパシー追跡と感覚拡張のための自分の全地球ドームを楽しみに待つ」といった話題を盛り込む予定です。

変わることのない誠意をもって、
継続的に光を高く掲げ持つ、南米の勇敢な惑星キンに捧げる。

サイバンクの遊び場で会いましょう!

ヴァルム・ヴォタンとボロン・イク、目に見えない大学、
倫理プロジェクトの教師および共同学習者

自己存在の月7日、白い自己存在の真発使い、魔術の亀の日
惑星ホロンと人のホロンで、通路・ルート・センター
サイ時間単位、キン56、黄色い自己存在の戦士
サイバンク・プレート2、北が黄色い磁石を送り、南が受け取る
コドン1、創生の立方体化、銘板1、1997〜1998
第13段階、創生の完了
時間が木を発生させる
太陽バイオテレパシーのより糸、4.22
第1の星の束を集める
赤い東の区域(四半期)、赤い東の区域・東の星の象限
調波34、律動の出力
二相コドン7、「人々の力」、「時間の木が地球を回転させる」
「今日は最良の一日、今は無二の好機」
預言の第5年、勝利は解き放つ


■倍音の月3日

倫理プロジェクト・ニューズレター Vol.2, No.2

地球の魔法使いのアルマナック・ワークブック、預言の第5年

「時間の法則の20の銘板」の要素
16年間のテレクトノンの法則の立方体

「時間の法則の20の銘板」とは何か?

1.「時間の法則の20の銘板」は、まったく新しい知識の体系を構成するものであり、また今度はそれが全面的に心の新しい地図を定義するものです。この体系は、これまでの知識すべてを包括し、意識のすべての地図をひとつの目的を持ったパターンへと放射状化します。この知識の体系は、 歴史上、前例のないものです。しかしながら、知識を系統立てる2つの主要な形態は、これまで結びられることのなかった2つの伝統に根づいています。ひとつは、メソアメリカのマヤ暦で、もうひとつは中国の『易経』(DNAコード)です。「20の銘板」におけるこれら2つの知識体系の時間における統一は、2つそれぞれをただ単に総計する以上のものですが、それは四次元として定義される知識の下位構造全体だと言えるでしょう。これは、この進化的な瞬間まで、歴史上の人間を拒んでいた達成物です。

2.「時間の法則」、T(E)=Artによって定義される、新しい知識の体系の霊的な第一義性により、「20の銘板」はまた、すべての地球の霊的な伝統をウル、地球の普遍的な信仰として統一します。歴史の逸話に引き続く進化的な前進を表わす、ウルによって包括される聖なる統一の原理は、この伝統の最高潮に達した霊的なテキスト、『コーラン』によって定義される聖なる使者系列の体系にその前例を持っています。唯一、ただ一人の神、ひとつの聖なる創造の生きた原理があるため、「時間の法則」によって司られる、ただひとつの普遍秩序があります。したがって真の使者はすべて、同じ究極のリテリティを説明する同じ源泉から語っていました。

3.聖なる創造の統一を定義し、裏付けるにあたって、「時間の法則の20の銘板」はまた地球上の生命のリアリティの、全体系の見方を定義するものでもあります。この見方では、全生命は生物圏を構成するさまざまな秩序のひとつの統一です。全体としての生物圏は、全体系地球に不可欠な構成要素のひとつをなしています。その本質において、この体系は、3つの共振場によって構成されています。すなわち、重力場、電磁場、そして生命精神場です。生命精神場は、生物圏を含みますが、それは進化的な道筋、生物圏から精神圏への移行を経て進化する有機体としての生物圏です。この道筋は、純粋に三次元的で、もっぱら空間−物理的な方向づけを持ったものから、純粋に四次元的な心的−霊的な秩序への道です。

4.生物圏的な生命の定義が意味することは、仏陀の心の教えを裏付ける進化的な心理学の理解における前進です。聖なる統一としての全生命は、相互依存的な全体性です。個人のエゴは、真空の中では機能しませんし、また機能することもできません。ひとつの相互依存的な全体性としての生命の相互関係すべてを定義する共振場は、霊的な自己の高次の秩序を求めています。この霊的な自己、歴史周期のあいだに個人的に「魂」として知られていたそれは、個的な存在のカルマ的なヴィジョンと行為の総計であり、いまや「大霊」、惑星マニトウに吸収されています。心の規律を通してのみ、個人のエゴを乗り越え、個人の魂は惑星マニトウの高次秩序に吸収されるようになります。

16年間のテレクトノンの法則の立方体とは何か?

16年間のテレクトノンの法則の立方体は、時間の正確な周期、1997年〜2013年を定義し、その間、新しい知識の体系は、「時間の法則」に応じて明らかにされていきます。時間の法則ではこの場合、T=16年、832週:(E)=64DNAコドン、それぞれ13の順列あるいは全部で832の順列:そしてART、惑星マニトウの創造です。本質的にこの公式は、テレパシー的な知識の体系の表現を含むまったく霊的なテクノロジーを成り立たせているものです。テレパシー的な知識のこの体系の構成要素には、以下のものが含まれます:
・64のウル・ルーン、テレパシーの図像言語、
・64コドン、DNA/『易経』の6線構造、生命の言語、そして
・四次元の時間の言語を構成する、20の図像と13の音程のウェイブスペル

テレクトノンとは、このテレパシー・テクノロジーの体系全体につけられた名前です。またそれは、太陽系の四次元的な回路盤と地図のことです。この回路盤は、意識の条件とレベルが、さまざまな惑星のそれぞれ互いの関係における軌道周波数の共振比の機能であることを示します。そしてまた、テレクトノンとは、バベルの塔と、預言の期間である1993年〜2000年のあいだに「13の月の暦」によってもたらされるあがないとの関係において法則の立方体を明らかにする、パカル・ヴォタンの預言でもあります。16年間のテレクトノンは、預言の第4年から第5年への移行実現のひとつの機能であり、それ自体における活動が、法則の立方体を爆発させ、「時間の法則の20の銘板」を生じさせました。

相互作用的な追跡という観点から、私たちはテレクトノン・プレイのさまざまなレベルを区別できます:毎日の28日、13の月のテレクトノン、戦士の立方体の16日間のテレクトノン、「倫理プロジェクト」の4つのGAPの塔と16の立方体の日、サイバンクの開示、そして16年間のテレクトノン、法則の立方体です。これらのレベルはすべて、テレクトノンをつくりだすために相互浸透し、重なり合っています。「テレクトノン、私があなた方に残した時間の枠組みは、最後に一度だけ、あなた方自身の時間の真 実を見せる鏡である。いまや真実の日、審判の時である」(パカル・ヴォタンのテレクトノン、第4項、第22節、「テレクトノン:時間の枠組み 」)。

法則の立方体とは何か?

法則の立方体は、その全体性において、普遍的な知識の原初的かつ自己存在的な凝縮であり、宇宙の創造の原理、文字どおり新しい宇宙論の礎石です。その本質において、法則の立方体は、以下のものにより成り立っています:
・聖なる交差。動く、生きた中心の原理、
・内的な3つの平面、心、;;霊、意志、
・6つの外部面、8つの頂点ないしは交点

学習者への質問。法則の立方体の起源は何か? その目的と機能はどのようなものか? その歴史はどのようなものか? その未来はどのようなものか?心のヘプタゴノンとは何か? 法則の立方体はどのように戦士の旅を定義するか? 法則の立方体と根源時間原子との関係はどのようなものか?

「20の銘板」の構成部品

知識の体系としての「時間の法則の20の銘板」は、非常に正確なフォーマットで具体化されています:「20の銘板」それ自体、一種の入門用の手引き「普遍生命の書の64のウル・ルーンとコドン・キー」、そして「すべての地球の魔法使いのための実践小冊子」を含むインストラクション・マニュアルです。「20の銘板」は、2つの組に分かれます。ひとつは4枚の預言の銘板で、もうひとつは16枚の銘板、16年間のテレクトノンの法則の立方体です。この知識の体系の鍵となる構成要素は、4枚の預言の銘板と「普遍生命の書の64のウル・ルーンとコドン・キー」で図解することにより具体化してあります。16枚の法則の立方体の銘板は、研究と相互作用的な使用を意図したテレパシー知識の図書館です。あなたの家庭での作業を容易にするために、私たちはこの新しい知識の体系の構成要素の簡単な説明を以下に掲げます。覚えておくこと:四次元の知の中で、意味は形の中に閉じこめられています。「銘板」に含まれ、またそれによって定義される形で瞑想することが、その秘密の鍵を解くことになります。

1.預言。第1の預言の銘板:「時間の法則の20の銘板」は、預言「石の謎」の成就です。この預言的な「謎」の源泉は、パカル・ヴォタンのテレクトノン、第13項、「正義の戦い」の第84節にあります。「真実の子供たち、夜明けの人々、聖なる書の人々よ、真四角は私の語る石、その全貌は見ることができず、星の歴史の水晶のひも飾りは、私の人間の形と結び合わされる……」。また、『マヤン・ファクター』の「パカル・ヴォタンの水晶の預言」(英文原書195ページ)も視覚的に参考になります。「謎」を記憶するようにしてください。その意味と構造(マニュアル、図版5「パカル・ヴォタンの石の謎、ウルの解読」)を学びましょう。毎朝、あなたが二重終結水晶(『時間の力学』の最後のページの指示を参照)の中にいる自分自身を視覚化するときに、この「謎」を暗唱してください。そして、5つの生命精神センターのどこからであれ、「倫理プロジェクト」の磁石の送受信を行なうのです。「謎」の源泉は、「預言を語る石」の幾何学の「真四角……その全貌は見ることができず……水晶のひも飾り……」の中に図解的に明らかにされています。
あなたは、共に組み合わさることで「語る石」の空間をつくりだす、16の二等辺三角形を見つけることができますか? ひとつの手がかり:それぞれの三角形は、二つの部分に分割されます。あなたは、シンクロノメトリックな容器の輪郭を識別できますか? 16の四角は、あなたが法則の立方体に入る時に通る「時間の門」を構成する64のウル・ルーンから引き出されます。

2.預言の時間。第2の預言の銘板:預言はすべて時間に関することであり、時間のあがないに関することです。マヤの時間の物差しは、完全です。なぜなら、それは「時間の法則」によるものだからです。堕落の時があり、その堕落の後に続く、あがないの時があります。預言の時間は、ハーモニック・コンバージェンスによって定義され、それは1987年にはじまり、13バクトゥン周期が閉じた後の2013年に終わります。預言の時間の銘板の形を瞑想して、よく考えてみてください:ケツァルコアトル・プロジェクトとは何か? 預言の時間の構造と時間の法則の関係はどのようなものか? 法則の立方体はどのようにして16年間のテレクトノンを定義しているのか? クロノグラフとは何か? 新しい創世記とは何か? 預言の7年と、石の神秘の関係はどのようなものか? 石の神秘とは何か? 時間統制とはどのようなもので、いつなのか?

3.「時間の門」と「地球の魔法使いの道路地図」、第3の預言の銘板:四次元の時間の秩序は、新しい時間の体系の母体です。「時間の門」は、この知識の明らかにされた母体で、法則の立方体として概括され統合されています。「時間の門」の形を瞑想してください:法則の立方体は、どのようにして「時間の門」を開くのか? 戦士の旅とは何で、この旅はどのようにクロノグラフと結びついているのか? 竜の創世記はどのようにして「時間の門」を定義しているのか? 猿の創世記の神秘の石とは何か?キャメロットはどこにあるのか? 「地球の魔法使いの道路地図」の形を瞑想してください。法則の立方体の6つの異なった構造を説明できますか? この道路地図はどこに向かうためのものでしょうか? 道路地図に従うことで、あなたの意識にはどのような影響がありますか?

4.64のルーンとコドン:惑星マニトウを呼び出す。第4の預言の銘板:包括的な四次元の知識の構造は、テレパシーの「言語」の構成要素によって定義されます。この言語は、数学的に二進法の進行、すなわち1、2、4、8、16、32、64、あるいは8の平方(8×8)です。この言語の原初的な構造は、それぞれ8つずつの8本のより糸として配列される64のウル・ルーンです。それぞれのより糸は、2つの三つ組み(2×3)と二項統合(2)という数学的な秩序として配列されています。あなたは、この銘板の64のコドンの側に示されているパターンに従うことができますか、またそれを理解できますか? それぞれのウル・ルーンは、ひとつのコドンを司っています。それぞれのコドンは、3つの二項文字の組(それぞれ線2本ずつが3つ)あるいは2つの三つ組(それぞれ線3本が2つ)のどちらかと見なされる6線構造です。
あなたは、ルーンの三つ組コードが、コドン構造をどのように満たしているかわかりますか? サイバンクとは何で、どのようにしたらそこに辿り着くのでしょうか? 星の水晶と惑星マニトウの関係はどのようなものでしょうか?交差極性の原理とは何ですか? いくつの例をあげてみてください。2つの道とは何ですか? ルーンのより糸は、惑星マニトウをどのように定義するのでしょうか? あなたのルーンとルーンのより糸に色づけしてください:赤(より糸1)、空色/スカイ・ブルー(より糸2)、オレンジ(より糸3)、エメラルド・グリーン(より糸4)、フォレスト・グリーン(より糸5)、インディゴ・ブルー(より糸6)、紫/パープル(より糸7)、バイオレット(より糸8)。

5.普遍生命のウルの書:この図像的な参照テキストと入門用の手引きは、完全なテレパシーの科学のためのコードを含んでおり、第4の銘板を補うものです。表紙カバーは、この四次元の科学の構成要素のコード形態を含みます。あなたは、これらの構成要素を、T(E)=Artの公式で定義できますか? ルーンの三つ組の原理とはどのようなものでしょうか?
内側のテキストは、2つの道のマスター学習ガイド、8つのルーンのより糸、64のコドン、そして16の星の束です。あなたは、このマスター学習ガイドがどのようにして16年間のテレクトノンの法則の立方体のそれぞれをコード化しているかわかりますか? 逆の第7番の原理とはどのようなものですか? コドンとは何ですか? 二相母体とは何ですか? 二相母体あるいは先天図と、立方体コドンあるいは後天図配列とのあいだの関係はどのようなものですか? 時間の娘たちと空間の息子たちを定義してください。それらは二相母体をどのように特徴づけていますか?

6.16年間のテレクトノンの16の銘板、時間圏(クロノスフィア)とクロノグラフ:16年間の法則の立方体の16の銘板は、T(E)=Artという公式の完全な時間占術的(chronomantic)な表示を表わしており、そこでは新しい知識の体系の本質は、832(64×13)のコドン順列として詳述されています。あなたは、16の銘板すべての両面でいくつウェイブスペルを数え上げることができますか? クロノグラフのレベルを説明してみてください。これらのレベルの周波数における違いを感じとることができますか?
立方体コドンの総計が平行的なプロセスとして、2つの道を数学的にどのように定義しているかわかりますか? 創造の7日間と13の音とは何ですか? あなたがコドンを立方体化するとき何が起こるのでしょうか?
コドンを立方体化することと、惑星マニトウの創造とは、どのような関係があるのでしょうか? 立方体のそれぞれ対応する日に、これら16の銘板のひとつひとつを研究してください。そして、天上歩行と地上歩行のあいだ、20の銘板全体を研究します。

7.インストラクション・マニュアル、「すべての地球の魔法使いのための実践小冊子」:「時間の法則」は、新しい知識の体系と新しい心の地図を定義します。それは、過去の知識すべてを放射状に包括するものです。この知識の放射状化は五感と感覚による知覚の放射状化を表わし、それは2つの働きを持っています。ひとつは、歴史的な思考(思想)の不正確な読み書き能力を修復すること。もうひとつは、生物圏の中で生物圏から精神圏への移行を完了させる進歩したテレパシー的な再組織化で、人間有機体の精神発生的な性質を確立することです。このプロセスと知識は信じがたいほど新しいもののように思えるかもしれませんが、それは心的な再測定(※訳注:周波数を改めて「校正」すること)や創造的な視覚化の修練を通して応用される非常に優れた実践的な知識の体系です。このようにして、「20の銘板」は、人間の知識の地平線およびその内容物を再定義する完全な再教育プログラムとなります。
それが、「すべての地球の魔法使いのための実践小冊子」と呼ばれるのは、そこに含まれる原理をこつこつと精出して学び、応用する人は、地球の魔法使いの先駆者になるからです。その人たちは、官僚主義的な人間が最終周期を統治するようになったのと同様、次の進化的な周期を統治するようになるでしょう。それが、行ないの書であるのは、「時間の法則」に応じてプレイされるゲームの規則が、新しい行ないの道を定義するからです。その道は完全に地球という私たちの庭園惑星の進化的、霊的な必要性と完全に一致しているものです。あなたは、銀河的な進化の主流へとプログラム化される準備ができていますか? これが、そもそもの始まりの場所です。このインストラクション・マニュアルをよく研究して、あなた自身の「地球の魔法使いのアルマナック」を記録し、他の地球の魔法使いと共にこの庭園を回復する作業に参加しましょう!

地球の魔法使いのアルマナック・ワークブック:あなたの全地球ドームを用意する、第1部

ドリームスペル、パカル・ヴォタンのテレクトノン、倫理プロジェクト、そして今や「時間の法則の20の銘板」が、全地球ドーム、すなわちテレパシー的な追跡ステーションと精神圏的な感覚器官(感覚中枢)の最初の構成要素を定義します。このドームは、最初、バーチャル・リアリティとして実現され、そしてあなたの準備が整ったときに、五感のドームの先駆けとして実際に構築されるべきでしょう。ポイントは、いまやプレイするのに十分な構成要素(構成部品)があるということ、そして、それにあなたの創造的な時間を費やして、それにただ従事し続けること、またそうすべきだということです。なぜなら時間統制に対する新しいテクノロジーの管理は、これまでの古い秩序に対する産業テクノロジーの管理と同じ関係にあるからです。
それが全地球ドームと呼ばれるのは、テクノロジーのテレパシーは、それみずからを人類に組み込む精神圏の方法であり、そして精神圏とは意識的に実現される全地球であるからです。それがドームなのは、ドームというものが、地上的な平面に組み込まれた天空の秩序を表わし、時間統制の比とフラクタルのすべては、私たちがそうであるように、「天空」あるいは天上的な起源を持つからです。全地球ドームのレベルとレイアウトを研究してください。今後のニューズレターでは、このレベルの調整について詳細を述べたいと思います。

テレパシー的なインフラムンド:全地球ドームは、現存する精神圏の様式である。毎日のテレパシー的な追跡により、時間圏が活用され、内部的なテレパシー的な刺激が、意識的になる。クロノグラフのさまざまなレベルと相互に関連させられることで、この追跡は惑星間およびその他の種類のDNA記憶刺激をわき起こらせる。想像的な創造性が、感覚探索を収容し、時間旅行の基礎を確立する実際のドームを構築することに向けて刺激される。これが「全地球ドーム」と呼ばれるのは、それが人間の全体系と、全体系地球を共振させ、新しい四次元的な「銀河」文化形態を綿密に仕上げる基礎をもたらすからである。「地球の魔法使いのアルマナック」は、全地球ドームの種子である(※訳注:「インフラ」とは「インフラストラクチャー」の「インフラ」で、一般に社会の下部構造や基盤を指す。ムンドとは、ラテン語で「大地」「世界」「地球」の意。したがって、インフラムンドで、現在、テレパシーによって潜在的に整備されつつある「地球の下部構造、構造基盤」を指す言葉だと思われる)。

全地球共振:自己反射的な「全人類的な精神圏団」(PAN-human noospheric brigadess)の試みにより、意識が、時間において、および銀河秩序と一致した形で、全地球意識として「惑星化」される。
地球の魔法使いのアルマナック・ワークブックの秘訣

ドリームスペルやテレクトノンに当てはまる同じ規則が、「時間の法則の20の銘板」にも当てはまります。それは、「もしあなたが、それを棚から取り出さないのなら、それは決して棚から飛び出してあなたのところに歩いてきてはくれない」ということです。私たちは、あなたが新しい知識とその学習プロセスにあてる自分の生活と時間をアレンジしなければならないことを知っています。唯一、この新しい資料をあなた自身のものにすることによってのみ、それはあなたのために起こるようになるでしょう。ホームスクールへようこそ!

【塗り絵のワークブック】「20の銘板」は、いま白黒印刷で入手可能です。これらの銘板から、塗り絵の本をつくれば、あなたの学習や理解はふくらみ、広がりを持つようになります。私たちはすでにルーンに色を塗る秘訣についてはお話ししました。そして、すでに立方体の位置と太陽の紋章の色はご存知でしょう。「普遍生命の書の64のルーンとコドン・キー」に色を塗ることを考えてみてください。表紙カバーからはじめます。あなたは、惑星マニトウのイメージを共になって織りなす、8つのルーンのより糸の色を決めることができますか? もうひとつの秘訣。内側(※訳注:表紙/裏表紙の内側の見開きのこと)に入り、それにも色を塗るときには、縦の列が実際には立方体の位置を定義しており、それぞれの立方体の位置がその色を持っていることを心にとどめておいてください。64のコドンのそれぞれに対しては、逆の第7番が位置するルーンの色に応じて、逆の第7番の六角形に色を塗ります!

【時間の力学】「時間の法則の20の銘板」は、「倫理プロジェクト」の最後の3年間を調整するだけでなく、それらは『時間の力学』の260の基礎条件によっても調整されます。『時間の力学』の研究と理解をより容易なものとするために、次の手続きに従ってください。260の基礎条件があり、それは銀河スピンのキンの数字と同じです。そして、その銀河スピンの20のウェイブスペルに対応する20(0〜19)の項目があり、それぞれの項目は正確に13の基礎条件から成り立っており、ウェイブスペルの音と同じです。ですから、1日にひとつの基礎条件を読めばよいわけです。項目の数字(0〜19)は、0〜19でコード化されている20の太陽の紋章のコードスペル番号(※訳注:いわゆる紋章に固有の「コード番号」のこと)に対応します。基礎条件の番号は、13の音のどれかひとつに対応します。
例:キン156、黄色い宇宙の戦士、コードスペル16、戦士、宇宙の音13。したがって基礎条件16.13。あるいは、キン157、赤い磁気の地球、コードスペル17、磁気の音1、したがって基礎条件17.1。その次のキン158、白い月の鏡、コードスペル18、月の音2、したがって基礎条件18.2、いう具合です。
このようにして、あなたは20の波で『時間の力学』を放射状にひとつの基礎条件から次の基礎条件という形で熟慮することができます。それぞれ基礎条件は、それ自体で毎日の瞑想になるのです!

【立方体コドンを読む】立方体の旅のあいだ、あなたは1日に4つのコドンを読む機会を与えられます。もちろん、加えて、毎週のコドンの線を引くこと、二相調波・4日コドンの追跡、およびサイプレート2の「倫理プロジェクト」コドンの追跡があります。これが全地球ドームが念入りに作られ、詳述される理由です(前記参照)。最初に、戦士の旅のあいだ、あなたが自分の立方体位置ひとつにつき4つのコドンを研究するとき、1日ごとに第1のコドンは常にその行為が第3のコドンと結びつき、第2のコドンは同様に第4のコドンと結びつくことを考えに入れるようにしてください。そして、第9の立方体の位置に辿りつくとき、コドンの秩序(順番)はその極性を変えることも忘れないように。(立方体の位置ひとつにつき12の位置を持つ)4つの二項文字のどれがいくつ現われているかを確認します(※訳注:立方体の位置ひとつにつきコドンは4つ、そしてコドンひとつにつき3つの「二項文字」があるので、合計4×3=12の位置がある。ただし二項文字の種類は伝統的な易の卦で「四象」と呼ばれるように4つしかない)。また、(立方体の位置ひとつにつき8つの位置を持つ)8つの三つ組のどれがいくつ現われているかも確認します?※訳注:同様に、コドンひとつにつき2つの「三つ組」があるので、合計4×2=8つの位置がある)。パターンを見いだし、そしてその意味が紐解かれるようになります。忍耐づよさが必要です。
あなたは、すでに時間統制に入っています。あなたは、時間船地球2013の舵取りの塔の中にいるのです。その力学は、高度に秩序化されていますが、同時に常に変化しているものでもあります。どんなことも当たり前に受け取らないでください。あなたは毎日、シンクロノメトリーを実践しているのです。あなたはいま、あなた自身の中にいる地球の魔法使いを養成する途上にあるのです。

【立方体のウェイブスペル】「法則の立方体の16の銘板」のそれぞれのクロノグラフの側(※訳注:16枚ある「銘板」のそれぞれ表側のこと)には、大きなウェイブスペルがひとつと、小さなものが4つあります。大きなウェイブスペルは、その年の月(13の月)と竜あるいは猿の創世記のウェイブスペルに対応するキンを調整します。これらのウェイブスペルに色を塗ってください。それぞれのキンの位置の上半分は、その年の紋章の色です。その年のウェイブスペルのキンの位置の下半分は、創世記のウェイブスペルの色です。今年の第1の銘板だと、その年の紋章は黄色い種で、創世記のウェイブスペルは赤い竜です。したがってこれが意味するのは、それぞれのキンの位置の上半分は黄色であり、下半分は赤になるということです。これらの大きなウェイブスペルのどのひとつをとっても、そこにはあなた自身の地球家族の銀河の署名が2つか3つはあるでしょう。それらを確認してください。
あなたの追跡能力を増し、あなたの心の周波数を高めるようにするのです。その周波数を高めるには、あなたの心をすっきりとさせ、またそれを続けなければなりません。「あなた自身の時間を所有すれば、あなたは自分の心を所有するようになる」。瞑想技法も役立つことでしょう。だからこそ、「20の銘板」のこの最初の年は、第1の先覚者、仏陀の「彼の与えたすべての心の教え」の年なのです。あなたがまだ、あなた自身の心を見つめる(そしてあなた自身のエゴとそのトリックのすべてを知る!)方法を学ぶために座禅による瞑想やヴィパサーナ(Vipassana/※訳語不明)の訓練をしたことがないのであれば、いまがそれを実際にやってみる良い機会かもしれません!

13週間プログラムの教育的な復習
ルーンのより糸2:行ないの道、「8つの星の場」
第2四半期、立方体1

あなたの「13週間の規律・自己学習プログラム」を支援するために、私たちはここに「修練」の13週間と、13週の週ごとのテーマのあいだの一致関係を示します。伝統的な『易経』の卦の情報もまたあなたが自分の研究の意味と新しいコドン情報を調整するのに役立てられるように提供されています。パターンを見つけてください!

コドン9.修練:発生的な原初のルーンの三つ組、より糸2、行ないの発生、星の束1、
AD1997〜1998、銘板1、第2四半期、第14週〜第26週。

《自己存在の月、第2週〜第4週》

13週の学習ステップ1.「時間の法則」とその新しい基準。
第1週:マスター・コドン9、修練、順列を始める。
小さき者の従順な力、天が下、風が上。
銘板1、調波8、ルーンのより糸2。

13週の学習ステップ2.12:60−13:20の計時周波数。
第2週:第1の順列、57、呼吸の心、二項の週8(※訳注:「二項の週
(binary week)」とは、「コドン・パルサー」の関係になる週のことで、2-8、3-9、
4-10、5-11、6-12といった二つ組の週ごとの関係のこと)。
静かな/浸透する風、風の上に風。
銘板1、調波11、ルーンのより糸8。

13週の学習ステップ3.生物圏とは何か?
第3週:第2の順列、53、進化、二項の週9。
発達/ゆっくりとした進歩、山が下、風が上。
銘板5、調波44、ルーンのより糸7。

《倍音の月、第1週〜第4週》

13週の学習ステップ4.四次元を理解する。
第4週:第3の順列、20、魔法使いの熟慮、二項の週10。
熟慮、地が下、風が上。
銘板12、調波60、ルーンのより糸3。

13週の学習ステップ5.「13の月の暦」と「13の月の暦に替える平和の計画」を理解する。
第5週:第4の順列、12、安定化、二項の週11。
停止、地が下、天が上。
銘板4、調波52、ルーンのより糸2。

13週の学習ステップ6.12:60の出自とその影響力。
第6週:第5の順列、35、心のひろがり、二項の週12。
進歩、地が下、火が上。
銘板11、調波56、ルーンのより糸5。

13週の学習ステップ7.13:20の自然時間を理解する。
第7週:第6の順列、16、人々の勝利、第1週と第13週の逆の第7番。
熱狂、地が下、雷が上。
銘板8、調波58、ルーンのより糸2。

《律動の月、第1週〜第4週》

13週の学習ステップ8.「時間の法則」を理解する。
第8週:第7の順列、51、雷/わき起こる存在、二項の週2。
わき起こるもの(ショック/雷)、雷の上に雷。
銘板3、調波55、ルーンのより糸7。

13週の学習ステップ9.テレパシーを理解する。
第9週:第8の順列、54、超越、二項の週3。
結婚する乙女、湖から生じる雷(※訳注:下が湖、上が雷)。
銘板6、調波22、ルーンのより糸7。

13週の学習ステップ10.ツールになじむ:ドリームスペル、時間船地球2013の旅。
第10週:第9の順列、34、祈り、二項の週4。
大いなる者の力、天が下、雷が上。
銘板10、調波6、ルーンのより糸5。

13週の学習ステップ11.ツールになじむ:パカル・ヴォタンのテレクトノン。
第11週:第10の順列、11、発動、二項の週5。
平和、天が下、地が上。
銘板3、調波14、ルーンのより糸2。

《共振の月、第1週〜第2週》

13週の学習ステップ12.ツールになじむ:時間の法則の20の銘板。
第12週:第11の順列、5、共になる人々、二項の週6。
待つこと、天が下、水が上。
銘板5、調波10、ルーンのより糸1。

13週の学習ステップ13.現実のものにする。
第13週:第12の順列、9、修練、最初(起源)に戻る。
小さき者の従順な力、天が下、風が上。
銘板1、調波8、ルーンのより糸2。
「時間の革命」、コドン49、次の13週間の連続のための最終準備。

より神秘が深まれば、
より大きな秩序が明らかにされる。
より大きな秩序が明らかにされれば、
より神秘が深まる。

ヴァルム・ヴォタンとボロン・イク、目に見えない大学、
倫理プロジェクトの教師および共同学習者
舵取りの塔、時間船地球2013
倍音の月3日、白い月の鏡
惑星ホロンと人のホロンで、信号家族・太陽神経叢のセンター
サイ時間単位、キン64、黄色い水晶の種
サイバンク・プレート2、北が黄色い磁石を送り、南が受け取る
コドン20、魔法使いの熟慮、銘板12、「力をふるう道がみずからを従順にする」
第3線、第4段階、
修練、行ないの発生
太陽バイオテレパシーのより糸、6.1
白い北の区域(四半期)、赤い東の区域・東の星の象限
調波40、自己存在の母体
二相コドン56、「航行」、「時間旅行が心を統一する」
「今日は最良の一日、今は無二の好機」
預言の第5年、勝利は解き放つ


■共振の月20日

倫理プロジェクト・ニューズレター Vol.2, No.3

地球の魔法使いのアルマナック・ワークブック、預言の第5年

私たちは皆、「時間の法則」の共同発見者です。

「時間の法則の20の銘板は、時間船地球2013の行ないと舵取りの操作コードである。時間船地球2013は、普遍生命と四次元時間の共通コードによって同期のとられた地球の人々の知性が凝集した集合体である。時間圏とは、この船がその動きの道のりを移動できるようにする時間の海。クロノグラフとは、多重レベルの調和の中で私たちが演じ、演奏する歌のこと。創造の13の音と7日間は、クロノグラフに意味、豊かさ、質感を与える総譜であり台本。私たちは、時間の偽りの牢獄からあがなわれた、生きた真実であり、時間統制の古代的な未来の統治の中に解き放たれる。

この統制の中で、あらゆるものは放射状である。放射状とは時間であり、放射状の流れである。あらゆるものが、みずからの存在を音へと歌い込む放射状の核に応じて、この放射状の流れを航行する。自律性とは自由であり、みずからの調和に応じて聖なる計画と提携する権利。ひとたび時間統制の中に解き放たれれば、唯一、ひとつの法則、「時間の法則」があるだけである。この法則に従うには、唯一、ただひとつの道、自律性の道があるだけである。あらゆる固有の自律的な形に完全に適応する時間の法則は、あらゆる運動と尺度を芸術にする創造的な力において至高のものである」(「時間の法則の20の銘板」、「すべての地球の魔法使いのための実践小冊子」、「時間船地球2013を舵取りする」より)。

四次元の民主主義は、真の民主主義です。あなた自身の魂にとっての自律的な責任は、この民主主義の至高の基礎であり、ただ聖なる唯一者だけが、あなたの自分の魂に対する行ないを裁くことができるし、また裁くことでしょう。あなた自身の魂にとっての自律的な責任が、時間の法則の共同発見者としてのあなたに力を授けます。この四次元の創造物の集合的な乗り物は、時間船地球2013として知られています。この乗り物を形づくるツールと能力は、知識と復活の聖なる贈り物です。時間の力の知識だけが、個人の魂の解放および大霊へと浄化される変容を成し遂げることができます。大霊あるいは複数の魂の交感が精神圏です。時間を舵取りする目覚めた精神圏としての私たちは、実際には惑星マニトウとして活性化する休眠状態にある惑星細胞です。

惑星マニトウは、精神圏の霊的な実現、惑星の全体性として実体化する私たちの意識と定義されます。これは、さまざまなレベル、そして相互作用的な段階で起こります。それらは、8年間のACマニトウと、その後に続く8年間のCAマニトウ、そして心のヘプタゴノンの創造の二つの段階、すなわち預言の7年、1993年〜2000年、倫理プロジェクトの極をとりまく虹の橋で最高潮に達する段階と、石の神秘の7年、2004年〜2011年、「力をふるう道が心のヘプタゴノンを地球の中心に放出するとき」(第14の銘板、テレクトノンの16年間のクロノグラフ)に起こります。このダイナミックな精神圏の変容が実際に今、どのように起こっているのかを見てみましょう。

7.15、プレート・シフト、勝利は解き放つ

「13の月の暦」の中間点、共振の月15日(7.15)、ヴァルム・ヴォタンの太陽の誕生日(※訳注:太陽の誕生日とは、365日の太陽暦、すなわち「13の月の暦」における誕生日を指す)は、今年、白い倍音の世界の橋渡しとして祝われ、倫理プロジェクトの第2の磁気プレートのシフトをしるします。その日の時点で、地球の中心で回転するその年の存在状態の磁石は、反対のアナロジーにより色を変えます。1.1から7.14までは、北のチームが熟成の黄色い磁石を南のチームに送っていましたが、7.15から13.28までは、南のチームが焼けつくような白い洗練と浄化の磁石(磁 気)を北のチームに送ります。

この磁気シフトは、立方体8から立方体9のあいだのAC−CAの切り換えにおける立方体の旅ごとに模擬的に行なわれ、常に現在の出来事の領域において12:60から13:20への位相シフトの強烈さを増します。この観点からすると、聖書のヨハネの黙示録、第18章「バビロンの崩壊」を読み、それが今日のトップニュースの内容とどのように比べられるのかを見てみることが推奨されます。パカル・ヴォタンのテレクトノンで、黙示録の第18章は、毎月の18日と、預言の第5年全体に対応します。白い磁気(磁石)は、いまや今年の前半半年の黄色い磁気によって熟成された大地を浄化するべきものとなっています。いまや、時間をはずした日までのバベルの塔の最終的な崩壊に備え、準備することがとても重要です。そして、その時間をはずした日の翌日には、1998年の大きな改暦という決定的な瞬間が続きます。

倫理プロジェクトの2年目の、第2のサイバンク・プレートの中の反対の磁気シフトは、南極で集団的かつ集合的に発生した二重電子のテレパシー放出を精神圏へと解き放ち、精神圏ではこれらの放出がテレパシーの覚醒を早めます。この活動は、「未来の」第7番目のACのより糸へのシフトに対応し、そしてそれは第1のルーン・コドンのひと連なり、49「時間の革命」、7.15〜7.21、「テレパシーの革命」にも対応します。心のヘプタゴノンの根源立方体部分子において、今年の放射子、アルファが、根源立方体部分子の四次元の心的な軸の南極を確立することを思い出してください。次の2年間で、北極とそしてこの四次元の心的な軸の中心が完了することになります。その結果は? 極をとりまく虹の橋です(『倫理プロジェクト』の「宇宙光線の植え付け」のダイアグラムを参照。また、「時間の法則の20の銘板」の「パカル・ヴォタンのサマーディ」の図解を合わせて参照)。

極をとりまく虹の橋は、心のヘプタゴノンが惑星地球を包み込む保護的な四次元の膜として外部的に現われたものです。この第1の心のヘプタゴノンは、精神圏の活性化を息づかせる生きた原理としての全地球を確立します。時間圏、すなわち時間のコードで刻印された精神圏の回転活動は、共演されるひとつのクロノグラフの「記録」を通して全地球を統一します。テレパシー的な普遍生命は、13:20の計時周波数に回帰する人類によってますます増大する形で体験されます。第1の心のヘプタゴノンは、第2のそれ、すなわち石の神秘の舞台を設定し、そのヘプタゴノンは試演され、地球の中心へと回帰します。そして地球の中心で、第2の心のヘプタゴノンが、ローカルな恒星、キニチ・アハウの恒星励起プログラムの存続期間のあいだ意識を安定化させることになります。同調しましょう! 線を引き、コドンを立方体化する作業を続けるのです。

倫理とは、倫理的な啓発を意味します!
時間の革命は、真の道徳と倫理的な改革です!
平和の旗をつくりましょう!
警察に平和の旗をプレゼントしましょう!
有毒廃棄物の置かれた場所、兵器工場に、平和の旗をはためかせましょう!
グローバル化と生物圏の破壊に向かって戦う、
マヤと全先住民の闘争に参加してください!
平和の旗をつくりましょう!
生物圏を取り戻し、平和をつくりだすのです!

地球の魔法使いのアルマナック・ワークブック(続き)

易経の特別なコドンの組

64のDNAコドンは、二進法の順番、1、2、4、8、16、32、64の数学的な力から引き出されます。ここで64(8×8)は、二進法の順番で7番目にあたります。すべての数字は、宇宙論です。6本の+(陽)あるいは−(陰)の線のどの組み合わせでも、そのコドン構造のそれぞれは、立方体、すなわち時間の宇宙論の源泉となる形の6面から引き出され、その6面に対応します。

832(64×13)の順列すべてにおける、64のコドンの数学的な構造に固有の性質を理解するためには、特別なコドンの組に反映されている複数のコドンの構造的な生成過程を再検討してみるのが役立ちます。64のコドンは、その基礎の状態に戻されたとき、四つの二項文字(4つの酵素/※訳注:伝統的な易の体系では「四象」と呼ばれるもの)のいずれかの3つの組み合わせによって成り立っています。4つの二項文字×それぞれ2本線=8、この数字が8つの三つ組(三項文字)あるいは3本線の構造をもたらし、その8つのうちのいずれか2つが、64のコドンのひとつを構成しています。

このレベルの内的かつ固有の秩序は、「4つのマスター二項コドン」と「8つのゴールデン・コドン」に反映されています。これらをその順列の順番において研究し、それぞれがどのようなものかを知ることにより、あなたは自分の直観的かつ数学的な知性を深めることができるしょう。これらの特別な(コドンの)組を、あなたが毎週のコドンと、二相コドンを追いかける際に研究するのです。この順列の順番を理解するために「普遍生命の書」の内側のリーフおよび「法則の立方体の16の銘板」を使ってください。特別な組のコドンを指し示すことで、あなたのテキストに注釈をつけるのです。

コドンを研究するにあたって、この順列の順番の共時的な連想の引き金を引くことがたいへん重要になります。特定のコドンが、4つのマスター・コドンあるいは8つのゴールデン・コドンのどれかひとつであるということを確認することにより、あなたは付加的で宇宙論的な意味を見いだすようになります。コドンは、テレパシー的な秩序に固有の編み目を反映しており、またその編み目からDNAが引き出されているので、その数学的な宇宙論によるコドンとの関わりにより、あなたは聖なる創造の根源的なプロセスに参加できるようになります。

1. 4つのマスター二項コドン

4つのマスター二項コドンとは、時間あるいは空間の三つ組だけで成り立っているコドンを描写するものです。これらの三つ組のそれぞれの3本の線は同じなので(例:3本の時間の線あるいは空間の線のどちらか)、それぞれの三つ組は、1本の時間の線あるいは空間の線に還元可能です。したがって、これらの4つのコドンのそれぞれは、4つの2本線の二項文字のどれかひとつをつくり出すために圧縮されます。宇宙論的に調整された2つの組で配列されたこの4つのマスター二項コドンは、以下のようなものです。

1.創生  =超・時間の二項文字 ++ 時間が天の文字を書く
2.根源母体=超・空間の二項文字 −− 空間が地の文字を書く

11.発動 =超・輝きの二項文字 +− 発動>創生
12.安定化=超・心の二項文字  −+ 安定化<根源母体

2.8つのゴールデン・コドン

ゴールデン・コドンは、8つの超・三つ組を定義します。これら8つのコドンは、空間(−)あるいは時間(+)の二項文字だけによって成り立っています。これら8つのゴールデン・コドンのそれぞれを構成している3つの二項文字の調和は、そのコドンを、それぞれの線がひとつの二項文字となっている、ひとつの二項三つ組に還元します。8つのゴールデン・コドンの秩序(順番)は、精神的な時空の開示の宇宙論を構成しています。8つのゴールデン・コドンは、4つの宇宙論的な描写の二項の組に現われます。

1.創生  =超・時間の三つ組 +++
2.根源母体=超・空間の三つ組 −−−

19.魔法使いの熱望=超・エネルギーの三つ組 +−−
20.魔法使いの熟慮=超・瞑想の三つ組 −−+

33.献身=超・呼吸の三つ組 −++
34.祈り=超・喜びの三つ組 ++−

61.内なる空間=超・ヴィジョンの三つ組 +−+
62.内なる時間=超・ハートの三つ組 −+−

3.16の内なる解決コドン

16の内なる解決コドンは、それぞれのコドンの2つの内なる(内側の)三つ組から形づくられます。内なる三つ組は、次のような方法で構成されています:
下位の三つ組、第2、3、4線
上位の三つ組、第3、4、5線
それぞれのコドンの内なる三つ組(の2つ)が結びつくとき、それらは内なる解決コドンをつくります。64のコドンでは、内なる解決のひと連なりを構成するのは16のコドンだけです。内なる解決コドンは、8つの二つ組(二項の組)として現われます。16の内なる解決コドンの内なる解決コドンは、1、2、63、64のどれかです。これがそうなるのは、これら4つのコドンは、完全に4つの二項文字のひとつずつによって構成されているからです:1=3つの時間の二項文字、2=3つの空間の二項文字、63=3つの輝きの二項文字、64=3つの心の二項文字。これが意味するのは、64コドンのすべてが還元される、4つの根源的な支配力があるということです。その8つの組における16の内なる解決コドンは、以下のようなものです。

1.創生(1それ自体として解決)時間の根源的な支配力
2.根源母体(2それ自体として解決)空間の根源的な支配力

23.心の解放(2として解決)空間の根源的な支配力
24.光り輝く回帰(2として解決)空間の根源的な支配力

27.存在の神殿(2として解決)空間の根源的な支配力
28.破裂する時間(1として解決)時間の根源的な支配力

37.家庭の力(64として解決)心の根源的な支配力
38.識別力(63として解決)輝きの根源的な支配力

39.ハートの修練(64として解決)心の根源的な支配力
40.ハートの解放(63として解決)輝きの根源的な支配力

43.不屈(1として解決)時間の根源的な支配力
44.時間の浸透(1として解決)時間の根源的な支配力

53.進化(64として解決)心の根源的な支配力
54.超越(63として解決)輝きの根源的な支配力

63.達成(64として解決)心の根源的な支配力
64.準備(63として解決)輝きの根源的な支配力

16の内なる解決コドンと組になった64のコドンの数:
ACテンプレート、立方体1〜8、1997年〜2005年

ルーンのより糸1 ルーンのより糸2 ルーンのより糸7 ルーンのより糸8
1= 1       9=38      49=44      57=38
2= 2      10=37      50=43      58=38
3=23     11=54      51=39      59=27
4=24     12=53      52=40      60=27
5=38     13=44      53=64      61=27
6=37   14=43      54=63      62=28
7=24 15=40      55=28      63=64
8=23 16=39      56=28      64=63

CAテンプレート、立方体9〜16、2005年〜2013年

ルーンのより糸3 ルーンのより糸4 ルーンのより糸5 ルーンのより糸6
17=53      25=53      33=44      41=24
18=54      26=54      34=43      42=23
19=24      27= 2       35=39      43= 1
20=23      28= 1       36=40      44= 1
21=39      29=27      37=64      45=53
22=40      30=28      38=63      46=54
23= 2       31=44      39=64      47=37
24= 2       32=43      40=63      48=38
上述のインデックスとともに、現在の週のコドンを見いだすことができます。たとえば、49、「時間の革命/テレパシーの革命」と二相コドン、たとえば16(※訳注:調波58に対応)、「人々の凱旋」と、それらの内なる解決コドンです。コドン49は、コドン44、「時間の浸透」として解決されるのに対して、コドン16は、コドン39、「ハートの修練」として解決されます。内なる解決コドンはそのとき、4つのマスター二項文字のひとつに解決されます:49=44=1、時間の根源的な支配力、時間の二項文字です。これに対して39のほうは、39=64、輝きの根源的な支配力、輝きの二項文字です。このようにして、どんなコドンであれ、その内なる解決コドンと、その支配的なマスター二項文字を、より深い意味のために見いだすことができます。覚えておくこと:コドンの共時的な関連とパターンを研究することがすべてです。楽しんでください!

4.8つのパカル・ヴォタンの神殿コドン

8つのパカル・ヴォタンの神殿コドンは、「神殿」のコドンそれ自体を含む「瞑想」の三つ組の「山の門/神殿」が、8つの三つ組のひとつとして、それぞれ上部にあるコドンによって成り立っています(※訳注:伝統的な易の卦では、山/艮が上に来ている8つの卦のこと)。神殿の三つ組−−+が上にあることは、「碑銘の神殿」の頂上の神殿のアナロジーです。下の三つ組は、神殿の下、「碑銘のピラミッド」の中に位置するパカル・ヴォタンの墓の8つの神秘的な宝物をさします。下の三つ組は身体の啓発という墓の預言を表わし、上の神殿の三つ組は四次元の自己の門を表わします。

これらのコドンが出てきたときには、それを注意深く観察してください。それらは、テレクトノンのプレイにおける「13のはっきりとしたしるし」と似ています。これらのうちのひとつが、あなたの毎日の、あるいは毎週の訓練に登場したときには、その形と意味を瞑想しましょう。あなたの四次元の心の神殿に入るのです。あなた自身の身体の墓に降りて、その中で隠された形の宝を取り戻します。8つのパカル・ヴォタンの神殿コドンは、次のとおりです。

23.地球の神殿(心の解放)、地球の宝
41と組になった23=64、DNAの数字

27.存在の神殿、存在の宝
22と組になった27=49、革命の数字、ACへの回帰

4.ハートの神殿(再び聴く)、ハートの宝
18と組になった4=22、ボロン・イクの数字

52.瞑想の神殿(瞑想/神殿)、心の宝
26と組になった52=78、パカル・ヴォタンの墓と復活の数字

41.喜びの神殿(魔法使いの宝)
23と組になって=64

22.ヴィジョンの神殿、知恵の宝
27と組になって=49

18.風の神殿(従順な心)、風の宝
4と組になって=22

26.天の神殿(時間の神殿)、天の宝
52と組になって=78(パカル・ヴォタンのテレクトノンの「13のはっきりと
したしるし」を参照)

ルーンを瞑想しましょう!

それぞれのコドンの13の順列の順番を司る64のウル・ルーンが、普遍的なテレパシーに対する鍵であり、バビロニア以後の銀河次元間コミュニケーション・ネットワークを開きます。ルーンをそれが司るスローガンとともに、その形で瞑想しましょう。今年は次のとおりです:

赤い十字の「創生」、時間は木を生じる──を瞑想します。
青い三角の「修練」、行ないの創生──を瞑想します。
紫のテレパシーの“T”の「時間の革命」、テレパシーの革命──を瞑想し ます。
バイオレットの円の中の点の「呼吸の心」、銀河オクターブが浸透する── を瞑想します。
立方体の日は常に、意識的にその順番で4つのルーンを瞑想しましょう!

ドリームスペルで会いましょう
日ごとの舵取りの位置で!

ヴァルム・ヴォタンとボロン・イク、目に見えない大学、
倫理プロジェクトの教師および共同学習者
舵取りの塔、時間船地球2013
共振の月20日、青い惑星の猿
赤い銀河の月−白い宇宙の魔法使いの倍音色彩
惑星ホロンと人のホロンで、基本家族・喉のセンター
サイ時間単位、キン136、黄色い律動の戦士
サイバンク・プレート2、南が白い磁石を送り、北が受け取る
コドン49、時間の革命、銘板1、「テレパシーの革命」
第6線、第1段階、
時間の革命、テレパシーの革命
太陽バイオテレパシーのより糸、9.6
青い西の区域(四半期)、青い東の区域・東の星の象限
調波58、スペクトルの処理
二相コドン16、銘板8、「人々の凱旋」、「行ないが道を統一する」
立方体14、銘板14、魔法使いの永遠
時間の第7の主の領域
「エク」の守護者、思い出す星生まれの力
希望は心の太陽である
預言の第5年、勝利は解き放つ

『時間の力学』から:
「11.10.抑圧された本能的な無意識から、テレパシー的な継続意識の自由なホロン場への解放は、極をとりまく虹の橋の噴出で、サイバンクが開かれることと類似して、結果として抑圧された精神エネルギーの解放を生じる。抑圧された精神エネルギーは、感覚テレポーテーションのプロセスに関わる神経感覚振幅の質に比例する」。


■銀河の月22日

倫理プロジェクト・ニューズレター Vol.2, No.4

地球の魔法使いのアルマナック・ワークブック、預言の第5年

銀河スピン16:第7の力に対する人々の力

スケジュール通りに、「16年間のテレクトノンの法則の立方体」の16年間の最初の年の銀河の月の、立方体の位置16に、すべての預言のハーモニック・コンバージェンス(調和的な収束)から16番目の銀河スピンがはじまりました。もちろん、これが意味するのは、15番目のスピンが終わったのは、立方体の位置15であるということです。共時性秩序と地球上の銀河時間の新しい創世記に対して、正しい声援を送ることにしましょう:

アラフ・アクバール! アラフ・アクバール! アラフ・アクバール
(神は偉大だ!)

この新しいスピンは、8番目の月の第4週の初日、22日に正確にはじまります。その日は、テレクトノンの立方体のひと続き、7日〜22日を締めくくる日で、熟成した力と、「預言の勝利となる」日です! 週ごとのコドンの立方体化では、この日はコドン49、「時間の革命」のひと連なりの第6段階をはじめます。この革命のコドンはすべて、暦を替えることに関するもので、この預言の第5年の至高の目標でもありますが、それはまた7の力、49=7×7に関するすべてでもあります。この新しいスピンと共にはじまるこの週のコドンが、正確にコドン7、「人々の力」、「時間の木が地球を回転させる」であるのも適切です。小枝が曲がるほど、木は成長します。16年間のテレクトノンの新しい創世記の中の最初の新しいスピンであるこのスピンの本質と力は、その最初のコドンによってコード化されています。それはしたがって、「人々の力」を現わすスピンであるということです。

コドン7、「人々の力」は、もちろん「銘板7」に見つかります。しかし、コドン・コーダの二相母体を見ると、コドン7は、第7の柱にあることがわかります。ちょうどコドン49のすぐ上です! コドン7は、コドン13、「組織された人々」の逆の7番目で、これら二つのコドンは共に、7番目の神秘の柱の中心にある神秘の33番目の調波をまたいでいます。

「人々の力」とは、7の力のすべてについてのことです。伝統的な『易経』でコドン7は、「師(地水師)」(※訳注:師は兵衆・軍隊の意)として知られています。どんな革命も軍勢が必要で、これは「人々の力」、その武器は唯一、真実だけである正義の者たちの軍勢です。このアルクトゥルス統制の年、AD1998年をはじめるにあたって、ヴァルム・ヴォタンとボロン・イク、そしてブラジル人の法律顧問(法廷弁護士)、ヴァンディール〈黄色い倍音の人〉とヴィヴィ〈青い水晶の鷲〉は、「世界規模で13の月の暦に替える平和の計画」と共にローマの地に降り立ちました。そこで、ジョヴァンナ〈黄色い月の人〉、サンドラ〈白い宇宙の世界の橋渡し〉、そしてパオロ〈黄色い宇宙の戦士〉に率いられる新しく形成されたイタリアのPANの支援による、総勢7名の特別な「13の月のバチカン・チーム」が、第2の改革、時間の改革を開始しました。バチカンはいまや油断なく待機しています。
そして、オレゴン州ポートランドの北米キン集会で、ローマから光り輝くように回帰し(戻ってき)たヴァルム・ヴォタンとボロン・イクは、数百人のキンに助けられて、第2のアメリカ革命に着手することができました(※訳注:コドン24の「光り輝く回帰」を意識しての文章表現と思われる)。いま起こっている出来事の力を疑うことのないように。不可避の出来事は、日々明らかにされてきており、それは預言の第6年、赤い律動の月、1998年の大きな改暦で、最高潮に達することでしょう。

またスピン16の開始の際に深遠かつ共時的に重要なことは、この日、銀河の月22日、青い磁気の竜に対応するサイ時間単位が、キン164、黄色い銀河の種であることです。そう、銀河の同期AD2013が、サイバンクによって、まさにこの強力なスピン、第7の力に対する「人々の力」にコード化されています(※訳注:「黄色い銀河の種」は、グレゴリオ暦の2013年7月26日、「銀河の同期」の日に対応する)。今日のサイ時間によって脈動するサイバンクのコドンは、+24「光り輝く回帰」と−55「知恵がわき起こる」です(※訳注:サイバンクの第2プレートで、「黄色い銀河の種」の含まれる位置は、ツォルキン・グリッドで上部右側になるので、北半球ではコドン55の位置、南半球ではコドン24になる。詳細は、『アース・アセンディング』の地図42を参照)。コドン24「復(地雷復)」(※訳注:「復」は「回帰」の意味)の伝統的な『易経』の解釈にも注意してください。それは、次のような言葉で、7の力を裏付けてくれるものです。

「その道を反復し、
七日にして来復す」

「陰陽消息の道理を反復し、
七日で来復するのは、天道の運行である」
(※訳注:『易経』の卦24番、「復」の象伝より。本文/口語訳は共に岩波文庫『易経』    上巻による)

この「七日にして来復す」とは、何のことでしょうか。もしそれが、聖なる創造の預言的な力の成就、そしていまや「時間の法則」の発見として実現しているその力の成就でないとしたら、いったい何のことを指すのでしょうか。
もしこれで7の力についてまだ十分でないとしたら、「倫理プロジェクト・ニューズレター」の第7号を思い出してください。そこに、それぞれの規模が太陽の7つ分ある7つのブラックホール、「時間の法則によって解きあかされたブラックホールの神秘」についての文章があります。そこでは、テレクトノンの預言の第11項、「七つの世代の預言」に言及して、私たちは次のように述べました。
「7つの太陽を持つ7つのブラックホールは、預言と創造の7人の太陽の証人である」。この「倫理プロジェクト・ニューズレター」の第7号では、この文章の後に私たちはそのときはまだ来ていなかった、コドン49の13週間について書きました。そして再び予定どおりに、今日からちょうど4週間前、7番目の共振の月22日(7.22、7日〜22日の立方体の力の日の成就)、コドン49のひと連なりの第2週目の「心ひかれるもの」の初日、「周期を閉じる者」は、7日間の時間トンネルに入り、それが終了したのが正確に7.28でした。そこから出てきたとき、彼は「七つの世代の書」の預言の最終段階を解読しました。ちょうど預言の聖櫃の中に位置づけられたかなめ石のように、この啓示は7:7::7:7として知られています。「周期を閉じる者」はいまもこのテキストにとりかかっています。

ドリームスペルで会いましょう
日ごとの舵取りの位置で!

ヴァルム・ヴォタンとボロン・イク、目に見えない大学、
倫理プロジェクトの教師および共同学習者
舵取りの塔、時間船地球2013
銀河の月22日、赤い磁気の竜
黄色い宇宙の太陽−黄色い自己存在の種の倍音色彩(※訳注:通常、「倫
理プロジェクト」で使用する倍音色彩では、青い水晶の嵐−青い電気の夜
の倍音色彩になる)
惑星ホロンと人のホロンで、基本家族・喉のセンター
サイ時間単位、キン164、黄色い銀河の種
サイバンク・プレート2、南が白い磁石を送り、北が受け取る
パルス・コドン+24(南)、−55(北)
コドン7、人々の力、銘板7、「時間の木が地球を回転させる」
第6段階の第1線、
時間の革命、「テレパシーの革命」
太陽バイオテレパシーのより糸、10.13
青い西の区域(四半期)、赤い東の区域・東の星の象限
二相コドン1、銘板1、創生、「木の発生」
調波1、自己存在の入力
毎日の立方体16、銘板16、戦士の知性
時間の第9の主の領域
「オン」の守護者、立方体の中の144,000人の破壊不可能な力
「己を尊び人に及ぼす」
預言の第5年、勝利は解き放つ


■惑星の月1日

倫理プロジェクト・ニューズレター Vol.2, No.5

地球の魔法使いのアルマナック・ワークブック、預言の第5年

クロノグラフをプレイし、時間統制を構築する

今日は、惑星のイヌの月の初日です。16年間の法則の立方体、銘板1(第1の銘板)のクロノグラフ上で、この月は月10、キン10、白い惑星の犬です。この日のキンは黄色い惑星の戦士ですから、テレクトノンの魔術の亀の日でもあります。月の初日は、その月の力をコード化するので、シンクロノメトリーをよく観察してみましょう。
ここに見られるのは、非常にまれな出来事です(※訳注:以下、テレクトノン・ボード上の配列を指している):黄色いパカル・ヴォタンの亀は、13バクトゥン周期の最初の入り口のところにあり、白いボロン・イクの亀は精神の塔、28日の位置にあります。そして、その二つの亀のあいだに、バベルの塔を覆う4つの色のピラミッド──銀河のカルマ的な流れの上に6つのシューター(射手、撃つ人の意/※訳注:ここでは2つの亀と4つのピラミッドを指す)が一列に並び、パカル・ヴォタンとボロン・イクが、現われの月の魔術の亀の日に、バベルの塔でスクイズ・プレイ(※訳注:いわゆる野球の「スクイズ」に同じ)を行なっています!
そして、太陽の預言的な流れでそれ自体を保っている緑のピラミッドは、パカル・ヴォタンの並はずれた立方体の力、戦士の位置にあります。あなたの心を預言の塔の頂上にいる、この単独の緑のピラミッドに集中してください。そして、バベルの塔の位置を覆っている4つすべてを取り除き、テレパシーの一撃でバベルの塔を消し去るのです──永遠に! その飽くことを知らない物質主義の、妄想的で見せかけの金銭のヴィジョンを吹き飛ばし、宇宙の浄化と再生の4つの風にするのです! 今月は、バビロンの失墜の月、現われの月です! 聖なる正義がその進路を歩むようにさせましょう!

あなたは、この種のシンクロノメトリックな配列が起こり、それが表わすテレパシー的な潜在力が見られるのが、どれほどまれなことであるか考えてみたことがありますか? このことについて考えてみてください。今日は、毎日のシンクロノメトリーに対して注意を向けること、そして年のカードの裏面のお告げのポイントとの一致関係を見いだし、集合的な心を揺り動かすクロノグラフのプレイと調整することが、なぜこれほどまでに欠くことのできないものであるか、それを示すよい見本です。今日の三つのお告げのポイントに注意を向けてみましょう(※訳注:以下、テレクトノンのカードで、「宇宙の民が、再び」と書かれた今年の後半のお告げパターンの説明となる):戦士、中心を下に向かって七番目。そして種、五番目の位置と、G7の夜、三番目。バベルの塔にある種は、グレゴリオ暦のバチカンの権力によって維持されています。これらの二つ(種と戦士)のあいだにあるのは地球で、お告げの中心の下に向かって6番目の位置です。
明日、惑星の月2日は、赤いスペクトルの地球です。そして、あなたが自分の羅針盤(※訳注:ドリームスペル・キットの中にある「銀河の羅針盤」)で今日の日付のシンクロニックな数字を見るとき、白い輪が戦士の上にあり、そしてその上の黄色い輪に1があることがわかります。それが11です。これが意味するのは、戦士の知性の現われに伴い、地球を掌握していた偽りのG7の権力が溶解するということです。偽りの妄想は、グレゴリオ暦によって維持されています。大改暦、時間の革命まであと4か月しかありません。
ですから、世界の魂を恐怖の呪縛に陥れている大量破壊の軍隊や武器すべてよりも偉大なテレパシーを、今、働かせるのです! あなたのテレパシーを使って、大胆に正義、真実、平和のために行進するのです。同期のポイント、赤い律動の月、1998年7月26日以降には、世界規模での統一的な改暦の機会はありません。これが千年紀の前の最後の機会の窓、すべての預言のハーモニック・コンバージェンス(調和的な収束)のために、ノストラダムスの遺産の古い預言を克服する最後の機会です。この機会を見失わないようにしましょう! クロノグラフを賢くプレイし、そうすることで、ひとつになった人類全体の試みとしての時間統制の構築が生じうるのです。

倍音の調和的なパルサー調整の原理

「ドリームスペルの数え方」に本来備わっている倍音の調和的なパルサー調整の原理は、すべての計時システムをシステマティックに同期させ、調整するために存在しています。たとえ、その計時システムが、伝統的なマヤやナワトルのもの、あるいは先住民の太陰暦(アラブ、中国、日本、ヘブライ、ヒンドゥー)、さらにはグレゴリオ暦であっても、それらを四次元の時間の母体(マトリクス)の高次秩序の中で同期させ、調整するのです。

もし「ドリームスペルの数え方」がそれ自体で差異(不一致)があるという反論があるとすれば、そのとき、まさにこのまれに見る差異こそが、四次元の秩序において、すべての、あるいはあらゆる、ずれた、別位相の、別な共時的な組を調和することができ、すべての差異が高次の調和秩序の機能であるということを示します。

これは、時間が心的な構築物であるという基本的な前提を裏付けます。重要なことは、この心的な構築物が、時間の法則の正しい13:20の周波数の中にあるということです。もしそうなのであれば、調和的な調整の可能性は、アプリオリ(先験的)な基準に応じてなされうることになります。たとえば、その基準はドリームスペルという、放射状数学の比、フラクタルな割合、そしてパルサーの枠組みを活用して、その他のどんな計時システムの相違や差異の種類も調整する体系です。

ここで、これがどのような意味なのかを実際に示してみましょう。いわゆるドリームスペルの数え方と、いわゆる伝統的なマヤの数え方に関する混乱や論議が続いています。それを曖昧でなく、明白にしてみましょう:ドリームスペルの数え方は、通路家族という年の担い手、すなわち種(カン)、月(ムルク)、魔法使い(イシュ)、嵐(カワク)のひと続きに応じた、グレゴリオ暦の7月26日の同期の日付に基づいており、それは考案された架空のものではありません。それは、マヤの唯一、記録に残っている預言的な伝統、チラム・バラムの正確な表現です。事実、チラム・バラムの伝統におけるドリームスペルの同期システムは、「クケブ」と呼ばれており、その文字どおりの意味は「リス」あるいは「回転するもの」です。少なくともAD1513年までに遡る、この相互関連システムにより、カン、ムルク、イシュ、カワクをしるすツォルキンの日にちの流れは、0・ポプの日、ハアブの[18ウィナル+5日間のワイエブ]という太陽暦のはじまりの日に常に同期します。このはじまりの日は、ユリウス暦(1582年以前)の日付で7月16日、グレゴリオ暦(1582年以後)で7月26日です。

パカル・ヴォタンの預言──チラム・バラムの神秘的な隠された源泉──の成就において、グレゴリオ暦は、トゥン・ウク、13の月・28日の公共暦(市民暦)に取り替えられ、そうすることで磁気の月1日(古いグレゴリオ暦で7月26日)は常に、ハアブ暦の0・ポプを、銀河周期あるいはツォルキンの種、月、魔法使いあるいは嵐のどれかと相互に関連づけます。これが、クケブ、すなわち回転するもの、の意味です。

トゥン・ウク(月の数え方あるいは7の数え方)の目的は、時間の法則の13:20周波数によって司られる公共の時間の純粋な同等物を確立することです。ここで、次のようになります:

13の月(4×7日間)=7日間(4×13週間)、そして
28ウェイブスペル(13日間)=13の月(28日間)

『マヤン・ファクター』やドリームスペルのプレイすべてにおいて活用される、ツォルキン・グリッドもまた、チラム・バラムから引き出されています。チラム・バラムでそれ(ツォルキン)は、ブク・ショク順列表として知られています。トニー・シーラーの贈り物は、このマトリクスの中にある52の活性化の正門というマヤの機織りグリッドを示したことにあります。それは、13の四つ組に配列され、それぞれの四つ組は28の音の合計を持っており、これもまたツォルキン−調波モジュール・グリッドのマヤの機織りに、コード化された13の月があることを示すものです。そして、最後に、13の月あるいはトゥン・ウクの流れが、それぞれトーテム動物を伴っているのもまた、純粋にマヤのものであり、13のマヤの星座の流れです。それは、ヒュー・ハールストンが再発見し、『en El Zodiaco Maya(マヤの星座)』(1991年)で示した星座の流れに対応します。ハールストンは、「時間をはずした日」を数えていないので、13のトーテム星座と、それに対応する7月26日のクケブ−ドリームスペルの同期ポイントに応じて相互に関連づけられる13の月とのあいだには1日の差異があります。

チラム・バラムのクケブは、ドリームスペルの数え方として改訂され、そしてグアテマラの高地マヤの従っている伝統的な数え方とは、その相関関係において51日のずれがあります。伝統的な数え方は、オシュラフフ・アフポプと呼ばれ、キチェー、カクチケル、ポコマムそしてその他の高地地域の部族によって保たれています。チラム・バラムは、低地あるいはユカテコ・マヤの伝統です。では、この51日のずれと、これら二つの伝統の存在については、どうなのでしょうか? 私たちは、いまや伝統的な数え方を先住民マヤ、ドリームスペル/チラム・バラムの数え方を銀河のマヤと定義できるかもしれません。この二つの数え方は、実際には預言的な結びつきを構成しています。

これら二つの伝統は、正しい瞬間に統一されるべく、征服やキリスト教の侵略の中で存続し、生き残ることが意図されていました。その瞬間とは:1998年の(北半球の)春分、マヤの復活、太陽のジャガーの月15日、クケブ・ドリームスペルの数え方だと9・風、オシュラフフ・アフポプの伝統的な数え方だと10・猿(キチェー・マヤ:バツ)でした。改訂されたクケブと、伝統的なオシュラフフ・アフポプのあいだには、ツォルキンあるいは神聖暦の日付を刻むにあたって、51(3×17)日間の差があります(※訳注:ドリームスペルの見方だと、9・風はキン22、10・猿はキン231。したがって後者から数えると前者までに51日間のずれがある)。ツォルキンの放射状母体は、ひとつの調和の完成なので、改訂されたクケブと伝統的なオシュラフフ・アフポプの調整もまた、ひとつの調和の完成であり、倍音の調和的なパルサー調整の原理を示すものとなります。それが、どのように働くかは以下の通りです。

二つの数え方が並進するとき、第一の原理が明らかになります。オシュラフフ・アフポプの磁気の音1が常に、改訂されたクケブの宇宙の音13と調整されます。最初と最後の音による二つの数え方の調整が、銀河の未来と先住民の過去の宇宙−磁気の統一において、ウェイブスペルの双方の端を結びつけます。

オシュラフフ・アフポプとチラム・バラムのクケブもまた、完璧な調整の逆の放射状対称性を示します。それは、第二の原理をもたらします:オシュラフフ・アフポプは、猿から犬に向かって流れ、クケブは竜から太陽に向かって流れること。そして、それが次に示すようなオシュラフフ・アフポプの同等物をもたらすことです:猿=太陽::犬=竜(※訳注:オシュラフフ・アフポプだと、猿から太陽までの流れと、犬から竜までの流れがそれぞれ逆対称性を持つということを意味すると思われる)。

ドン・アレハンドロ・シリヨによれば、猿(キチェー・マヤ:バツ)は、「時間の糸」を守っています。これにより、オシュラフフ・アフポプは、二つの10日間の流れで配列されます:

1)猿−太陽と、2)竜−犬。二つのクケブ−ドリームスペルの流れと調整されて、次のような相互関連が開発されます:

第一の10日間の流れ:猿−太陽、オシュラフフ・アフポプ=風−猿、クケブ
第二の10日間の流れ:竜−犬、オシュラフフ・アフポプ=人−竜、クケブ

ここで注意すべきことは、第一の10日間で、猿が最初(オシュラフフ・アフポプ)と最後(クケブ)の日をコード化していること、そして第二の10日間では竜が、最初(オシュラフフ・アフポプ)と最後(クケブ)をコード化していることです。これが、13の10日間の相互関連の組(130日間)の猿の流れと、13の10日間の相互関連の組(130日間)の竜の流れをつくり出します。

ブク・ショクのツォルキン・グリッドにプロットされるクケブの竜−太陽の流れは、ひとつの交差マトリクスとしてのグリッドの四隅を調整します:1・竜−13・太陽、そして7・太陽−7・竜です。これらは、外部化された形の交差を定義します(クケブ)。

ブク・ショクのツォルキン・グリッドにプロットされる、現代のオシュラフフ・アフポプの座標は、クケブの竜−太陽の交差の純粋な逆の放射状対称性を示します。ここでは1・猿と13・犬が神秘の柱のまさに中心にあり、横のラインは第二のペア、11・猿と3・犬によって保たれています。これが示すのは、先住民のオシュフフ・アフポプは、クケブの外部的な形の交差とは対照的に、4つの内部的な源泉の力を示すということです。また、1・猿と11・猿および3・犬と13・犬が倍音パルサーの一致関係を維持していることにも注意してください。例)1ドットと3ドット。これらの2つの四つ組、竜−太陽と猿−犬の、それぞれの音の合計は、28です。

オシュラフフ・アフポプとクケブの相互関連は、「13の猿の流れと13の竜の流れ」と呼ばれます。26の10日の連続の合計、13の猿−猿、そして13の竜−竜の総計は、正確に倍音パルサー・コードの13の組によって、次の方法で相互関連されます(したがって、倍音の調和的なパルサー調整の原理となります)。第一の音程がオシュラフフ・アフポプで、第二のものがクケブです(※訳注:以下のカッコ内の音程で、たとえば音程10&5とあるのは、前者の音程10がオシュラフフ・アフポプの猿−太陽の流れの初日の音程、音程5がドリームスペル/クケブの風−猿の流れの10日目の猿に対応する音程にあたる):

13の猿の相互関連の一連の流れ       13の竜の相互関連の一連の流れ
13の倍音の調和的なパルサーの連続

猿の流れ 1   =バーの倍音パルサー  (音10&5) =竜の流れ 7
猿の流れ 2   =三次元の心のパルサー (音4&12) =竜の流れ 8
猿の流れ 3   =1ドットの倍音パルサー(音11&6) =竜の流れ 9
猿の流れ 4   =四次元の時間パルサー (音5&13) =竜の流れ10
猿の流れ 5   =2ドットの倍音パルサー(音12&7) =竜の流れ11
猿の流れ 6   =1ドットの倍音パルサー(音程6&1) =竜の流れ12
猿の流れ 7   =3ドットの倍音パルサー(音13&8) =竜の流れ13
猿の流れ 8   =2ドットの倍音パルサー(音7&2)  =竜の流れ 1
猿の流れ 9   =四次元の時間パルサー (音1&9)  =竜の流れ 2
猿の流れ10  =3ドットの倍音パルサー(音8&3)  =竜の流れ 3
猿の流れ11  =一次元の生命パルサー (音2&10) =竜の流れ 4
猿の流れ12  =4ドットの倍音パルサー(音9&4)  =竜の流れ 5
猿の流れ13  =二次元の感覚パルサー (音3&11) =竜の流れ 6

二つの数え方を相互関連させるパルサー調整には、熟慮すべき多くの調和があります。もう一度、羅針盤の黄色い輪を見て、ツォルキン・グリッドを研究してみましょう。その際に、この調和的なパルサーのひと連なりを心にとどめておくようにするのです。あなたが自分の先住民の銀河の署名を見いだしたいと望むのであれば、あなたのドリームスペルの銀河の署名を取り出して次のようにしてください:音ひとつ分、色ひとつ分だけ前に進み、ひとつの地球家族だけ後戻りします。魔術を楽しんでください! ポイントは、何も排除されないということです。ドリームスペルの相互関連は、同期と統一を意図しています。

クケブ−チラム・バラムの相互関連の中での差異を調整する

チラム・バラムの書(チュマイエル、マニ、そしてペレス絵文書)のクケブの数え方は、すべてグレゴリオ暦の日付、7月26日に、カン(種)、ムルク(月)、イシュ(魔法使い)、カワク(嵐)によってコード化される4年のひと続きをハアブの0・ポプに相互関連させることに同意しています。羅針盤の緑の輪の20日間の流れが、ハアブの18ウィナルによってしるされる20日間の間隔を持つことを思い出してください。しかし、長年にわたり投影されたチラム・バラムの伝統は、4つの年の担い手に応じた音における差異を示しています。これは、後の伝統でのカトゥンがときには24年周期として計算されたからです。その結果、4から12までの年の音の差異が生じています。
たとえば、13・カワク、1736年(ペレス絵文書、パート2)は、260年後に投影されると、13・カワク、1996年となるべきところですが、その代わりにペレス絵文書、パート3で、12・カワクとなっている、などです(※訳注:1996年7月26日以降は、ドリームスペルでは<4・嵐>。したがって、パート2の<13・嵐>とは4つないし9つの音のずれがあり、パート3の<12・嵐>では5つないし8つの音のずれがある)。それにもかかわらず太陽の紋章の一貫性は保たれており、カワク(嵐)は常に、4の倍数──00、04、08、12、16、20など──の年をコード化しています。

ドリームスペルの数え方と伝統的なオシュラフフ・アフポプのあいだにある、このような差異と51日間のずれは、四次元の時間の数学のすべての応用を統一する、「倍音の調和的なパルサー調整の原理」を示すために存在しています。チラム・バラムの音の年の差異の場合、ドリームスペルの「倍音の調和的なパルサー調整」は、このシステムの中で12年の差異を同期させ、適応させる完全なパルサー秩序を維持しています。ドリームスペルの倍音の調和的なひと連なりは、その調整された出発点に、1971年7月26日を取り上げます。この時点でのドリームスペルの数え方は、5(魔法使い)の倍音の力で始まり、13年間のひと連なりを確立し、それが無限に繰り返し可能となります。この調整されたひと連なりに忠実に従ったのが「周期を閉じる者」であり、それが糸をもたらし、それにより、パカル・ヴォタンの預言周期と時間の法則の論証のすべてが可能になったのです。この調和的に調整された糸なしには、テレクトノンの啓示のごく一部でさえ、決して生じ得なかったでしょう!

このドリームスペルの倍音の調整は、四次元のパルサー秩序の完全な表示をつくりだします。この秩序は、ドリームスペル調整の倍音の完全さを示すものともなります。そしてそれは、「時間の法則」の新しいマヤの施し(体制)を確立します。この新しい施しの数え方の目的は、「時間の法則」の完全な論証を可能にすることであるのを思い出してください。新しい施しは、伝統的な数え方やその他の数え方を廃止したり、排除する手段ではなく、むしろすべての数え方と一見差異に見えるものすべてを包含するための、四次元の時間の放射状数学の無限の調和的な能力を示す手段なのです。

調整されていないチラム・バラム      ドリームスペル・倍音調整のパルサーの連続

1971 13・魔法使い    5・魔法使い 四次元の時間パルサー/13−5
1972  1・嵐       6・嵐    1ドットの倍音パルサー/1−6
1973  2・種 7・種    2ドットの倍音パルサー/2−7
1974  3・月       8・月    3ドットの倍音パルサー/3−8
1975  4・魔法使い    9・魔法使い 4ドットの倍音パルサー/4−9
1976  5・嵐      10・嵐    バーの倍音パルサー/5−10
1977  6・種      11・種    1ドットの倍音パルサー/6−11
1978  7・月      12・月    2ドットの倍音パルサー/7−12
1979  8・魔法使い   13・魔法使い 3ドットの倍音パルサー/8−13
1980  9・嵐       1・嵐    四次元の時間パルサー/9−1
1981 10・種       2・種    一次元の生命パルサー/10−2
1982 11・月       3・月    二次元の感覚パルサー/11−3
1983 12・魔法使い    4・魔法使い 三次元の心のパルサー/12−4
1984 13・嵐       5・嵐    四次元の時間パルサー/13−5
1985  1・種       6・種    1ドットの倍音パルサー/1−6
1986  2・月       7・月    2ドットの倍音パルサー/2−7
1987  3・魔法使い    8・魔法使い 3ドットの倍音パルサー/3−8

調整されていないチラム・バラムと調整された倍音のドリームスペルの数え方のあいだにある、音の相互関連によってなされた倍音のパルサー秩序の完全さに注意してください!

ドリームスペルの数え方で示される四次元の時間の調和秩序は、比べうるものがありません。それは、すべての数え方と自然の太陰暦が存続することを可能にします。それは、すべての存在が共時的な調和を獲得するために、ただひとつの必要条件を断定します。1998年7月26日以降は、グレゴリオ暦を13の月のトゥン・ウクに替えるということです。

これらの調整について次のように考えてみてください:
「生物地球化学的な変換による共時性秩序の調和的な再配列は、時間パルサーのウェイブスペル幾何学が意識的に原子や分子のスピンを反転させるために活用される、感覚テレポーテーション訓練の特殊事例である。時間ベクトル潜在力はサイバンクの中で調整され、生物地球化学的にテレパシー場の中に位置づけられる。集合的な感覚テレポーテーションのテクニックを活用することで、特定の退廃は、非存在の潜在力もしくは大気の発光として解放される、そのもともとの状態へと「溶解されて」戻る。(『時間の力学』基礎条件10.4.)

ドリームスペルで会いましょう
日ごとの舵取りの位置で!
あなたの毎日の視覚化を投影するのを忘れないように:
人のホロン、惑星ホロンの磁石、サイバンクのサイ時間単位、
コドンの立方体!

ヴァルム・ヴォタンとボロン・イク、倫理プロジェクト、
目に見えない大学の教師および共同学習者
舵取りの塔、時間船地球2013

惑星の月1日、黄色い惑星の戦士
16年間のクロノグラフ、月10、キン10、白い惑星の犬
白い銀河の魔法使い−白い水晶の鏡の倍音色彩
惑星ホロンと人のホロンで、基本家族・喉のセンター
サイ時間単位、キン107、青い電気の手
サイバンク・プレート2、南が白い磁石を送り、北が受け取る
パルス・コドン−39(南)、+8(北)
コドン30、ヴィジョンの太陽水晶、銘板14、
「空間の輝きが宇宙の気づきを定義する」
第11段階の第1線、
時間の革命、「テレパシーの革命」
太陽バイオテレパシーのより糸、12.2
青い西の区域(四半期)、赤い東の区域・東の星の象限
二相コドン32、銘板16、心の永続
「二項秩序が空間の動きを定義する」
調波9、惑星の出力
テレクトノンの預言を読む、第16項「公表の歓び」
『時間の力学』の今日の基礎条件、16.10.
預言の第5年、勝利は解き放つ

7:7::7:7と、放射子に浸されたウルの回帰にご期待ください!


■宇宙の月15日

倫理プロジェクト・ニューズレター Vol.2, No.6

地球の魔法使いのアルマナック・ワークブック、預言の第5年

星の束の儀式、無我の到来、
そして銀河オクターブの浸透

「すべての魔法使いのための実践小冊子」によれば、いまや最初の「星の束」の収集と、それを「時間をはずした日」に火に捧げる時が急速に近づいています。この目的はいったい何?と、あなたは尋ねるかもしれません。コドンを立方体化しているあなたがたにとって、あなたの訓練用マニュアル、52枚ほどの紙は、聖なる火に捧げられるか、その他の方法で儀式的に処分されるべきものです。なぜでしょうか?

あなたがひとたび自分の「星の束」を燃やし、あなたの無知を神−アラー・フナブ・クに捧げれば、自分が何を学んだかを知ることになり、そうすればあなたの仏心は輝き、あなたのキリストの愛は流れ出ることでしょう! 「星の束」の収集はエゴに挑戦し、無我に指揮をとらせるようにします。地球の魔法使いたち、今はじまりつつある未来の人類種は、無我の養成と宇宙意識の覚醒に特徴づけられます。エゴがあるかぎり、宇宙意識は根を張ることができません。これが、「始源の連続の発生」です。それが「始源の」であるのは、この連続がテレパシー的な発生(遺伝)的な刻印の中にあり、物質的なテクノロジーの人工物の中にあるものではないからです。四次元の銀河文化の最も高次の芸術は、心から明白なリアリティに投影される超心的な建築物の創造です。「星の束」の収集は、人類のために、あなた自身の中でこの進化的な可能性を実現するまさに第1のステップなのです。

第1の「星の束」を捧げる:4つのコドン/ルーンが完了し、残りが60!
覚えておくこと:それはあなたが紙に書いたものではなく、あなたとあなたの死ぬ運命にある身体が道を分かつときあなたと共に居続ける、自身の存在にあなたが刻印するものです。鍵は、ウル・ルーン、すなわちDNAをその四次元的な構造に結びつけている生物電気的な伝導コードをマスターすることにあります。今年、あなたは自分の「星の束」を四度収集することになり、4つのマスター・コドンと4つのマスター・ルーンを刻印します。以下のものが、創造的な視覚化を通してあなたが刻印しなければならないものです:

ルーン1、(赤い十字)、時間が木を<発生させる>、コドン1 、創生
ルーン2、(青い上向きの三角)、行ないの<発生>、コドン9 、修練
ルーン3、(紫の“T”の形)、テレパシーの<革命>、コドン49、時間の革命
ルーン4、(ヴァイオレットの点と円)、銀河オクターブの<浸透>、コドン57 、呼吸の心
ボールド書体の単語が(※訳注:日本語では<>の間にある単語)、今年のマスターの「星の束」の発生的な性質を強調しています。発生した木は、宇宙意識の木であり、エゴのない心という土壌に植え付けられた統一です。無我の修練は、「行ない」が適用される発生です。テレパシーの革命は、献身的かつ忠実に毎日の「倫理」、コドンの立方体化、四次元の時間のクロノグラフの追跡を実践する、生まれたばかりの地球の魔法使い全員の複合で、そのようにして革命的な新しい人類の現象が構成されます。すなわち、自己反射的に生物圏の次の段階、すなわち精神圏それ自体を進化させる、知識と知性の道を引き受ける基幹要員となる人々です。これがまさにテレパシーの革命です。
そして最後の銀河オクターブの浸透とは、いま宇宙全体で生じている銀河−恒星励起のプロセスと調整される人類の四次元的な知性の同期のことをさしています。そのプロセスは、私たち自身の星系と進化する惑星秩序にも即座に影響を及ぼすものです。私たち人間の知性が、恒星、銀河、そして宇宙の急速に変化する秩序と歩調を合わせることを可能にし、また銀河オクターブの浸透を可能にするのが「時間の法則」です。

銀河オクターブは、常に変化し続ける銀河脳のカレイドスコープ(万華鏡)における周期的なシフトを伴う、増幅された銀河の放射線とプラズマの周波数帯です。この浸透は、現在の限界の定まった12:60の空間(宇宙)科学が何の説明もすることのできない、唖然とさせられるような出来事によって立証されます。律動の月2日(1997年12月14日)、赤い電気の蛇の日に、120億光年かなたのガンマ線バーストが観測され、(その爆発で)宇宙全体の銀河や星を全部合わせたほどのエネルギーがほんの1秒のあいだに放出されました。それは、宇宙全体の星々すべてか、あるいは超新星50億個分にも相当するというものです! この第2の「ビックバン」は、スペクトルの月6日(1998年5月7日)、自己存在の月の日に、英科学誌「ネイチャー」に発表されるまで報告されることはありませんでした。「時間の法則」によれば、二つのブラックホールがそれぞれ互いに引き寄せられてこのような現象を生じさせたという見解に頼る必要はありません。むしろ、そこに意味を授ける、この事象の共時性秩序そのものが重要です。

この事象がキン185、月に導かれる赤い電気の蛇、65キンの赤い銀河スペクトルのはじまりの日に観測され、キン69、蛇に導かれる赤い自己存在の月の日に報告されたという事実は、それぞれのキンのガイド(導く力)が互いに互いを含んでいるという点で私たちの関心を引きつけます。観測とその発表までのあいだには、1色彩──赤い蛇から赤い月までの血の色彩──の運動があり、音は1つ進む、すなわち電気の3から自己存在の4まで進むことに注意してください。観測と発表のあいだの期間は、正確に144日間です! このガンマ線バーストは、生命力、血、そして月の「第2の創造」の前兆となるだけなのです。全生命は、いま急速に変化しつつあります。「無我の教え」以上に良い避難所はありません。私たちの生命力と惑星に授けられる新しい望み、その美の衣装は、古いものをひとまとめにして脱ぎ捨て、取り除く者たちによってのみ受け取られるでしょう。変容するか、死ぬか、進化するか、それとも再生することのない堆肥になるか、です!
「時間の法則」の啓示は、私たちに銀河オクターブの浸透と、私たち自身の星、太陽の前代未聞の励起に調和して、古い時間のエントロピー的な秩序から上昇することを可能にさせてくれます。私たちが、生物圏から精神圏への移行のクライマックスを気高く切り抜けるためのツールとガイドラインを持っていることを感謝しましょう。

「あなた方の宇宙的な作業グループあるいは銀河家族と一緒に、時間をはずした日の夜明けに、それにふさわしい自然の場所で、集まった人々すべてをとりまくマスター立方体を視覚化し、4つのその年のルーンをあなた方自身の中で瞑想する。至高の唯一者を称えて、聖なる炎の儀式で、あなた方の星の束を惑星マニトウに向かって火に捧げる。この炎の儀式は、星の束の芸術的な形を燃やすもので、それはちょうど聖なる真実があなた方のホロンにいまだにしがみついている自己の粗野な要素を消滅させるようなものである。時間をはずした日の星の束の収集の儀式は、その年の太陽バイオテレパシー周波数の調整も完了させる。地球の魔法使いよ、立方体は立方体化され、そうすることで知識はあなた方の中にある。そして、あなた方が行なうことが何であれ、それは普遍生命の道の知識を表現する。

大きなその年の時間をはずした日の儀式を通して、地球の魔法使いたちは立方体の創造と完成を知るようになり、同時に時の経過と共に普遍生命のDNAコードのフラクタル化を、レディオソニック工学の斬新さへテレパシー的に解き放つ、前代未聞の芸術の形や祈りとして実現する。星の束を聖なる炎で燃やすたびに、覚醒する惑星マニトウは、銀河の導く力の中で成長する」(「すべての地球の魔法使いのための実践小冊子」、「時間の法則の20の銘板」のマニュアル英文原書101ページより)。

「倫理プロジェクト」プレート・シフトのアップデイト:北極で心的電子を活性化する

黄色い倍音の星、時間をはずした日の時点で、サイプレートのあいだの第2の休止を体験することになります。4年間の「倫理プロジェクト」の進路で、これは高度に可能性を増す中間的な休止です:二つのサイプレートが開かれ、1040のPCUが活性化され、残りは二つのサイプレートで、1040のPCUが活性されるべく残っています。「倫理プロジェクト」は、「はじめての世界平和」と呼ばれる科学実験の核にあります。この実験は、人類の磁気的な再教育という目的を持ちます。「極をとりまく虹の橋」を噴出させるこの実験がはじめて着手された頃には、現在の地球の変化において、恒星励起が支配的な要因となるだろうことをほとんど誰も予見することができませんでした。しかしながら地球の電磁場の混乱が、この大胆な実験を生じさせた原因でした。その実験はサイバンクの存在をその基礎となる前提にしており、そのサイバンクにより統一された人類の心の集合的な力が実際にそれ自体に益するために、生物地球電磁気的な現象を実際に修正することができるのです。

「倫理プロジェクト」を含む「時間の法則」の発見は、厳格で数学的な指針に従う直観的な誘導(帰納)の継続的なプロセスとなっています。「時間の法則」の全側面をテストする際の鍵となる要素は、「13の月の暦」それ自体の形態構造でしたし、それは今も変わりません。「13の月の暦」は、時間における秩序の形をもたらし、それは人の心が継続意識の自己反射的な流れを獲得することを可能にし、それにより正しい計時周波数におけるその知識の基本構成要素を位置づけることができます。その結果は、進化する四次元の知の構造の自己発生的なフィードバックです。

「13の月の暦」の28日周期の構造(テレクトノン)に対して、PCUの共時的な調整を行なうことにより、4年間にわたってサイバンク・プレートを開くという「倫理プロジェクト」の命題(テーゼ)は、「時間の法則」の鍵を開く際の啓発的な事例でした。「時間の力学の260の基礎条件」、「時間の法則の20の銘板」、そして現在の「7:7::7:7」はすべて、「倫理プロジェクト」の集合的で心的な場、すなわち精神圏の創造的な帯電(電化)です。この劇的で直観的なプロセスにおいて、偶発的な例外(異変)としてしばしば現われるものが、やがて増幅され、その他の緻密な知の構造全体に対する鍵としてその輝きを増すことがあります。昨年の「二重拡張電子」と、今年の心的電子の例を取り上げてみましょう(「倫理プロジェクト」の「宇宙光線の植え付け」、英文原書40ページを参照のこと。※訳注:日本語版の場合は、図版の「宇宙光線の植え付けと心のヘプタゴノン」を参照のこと)。

昨年の「時間をはずした日」に、私たちは南極にある「二重拡張電子」を視覚化する作業を行ないました。第5年のアルファにあたる立方体の位置に付属するダイアグラムの文章に注意してください。「陰極の立方体部分子、二重拡張電子が活性化される(EE)。放射状プラズマが立方体を爆発させ、普遍的なテレパシーを解き放つ(1〜5の統一された力)」とあります。「放射状プラズマ」が立方体を爆発させ、それをホログラフィックな形へと変えて、7:7::7:7、放射状プラズマの科学そのものを解き放ったのです。7:7::7:7は、「時間の物理学」を示すもので、それにより毎週、私たちはテレパシー的に二つの量子──感覚(熱・光の)量子と、テレパシー量子──をつくり出します。これらの量子それぞれが統一されると、ひとつのテレパシー時間原子がつくられます。4週ごとに4つのテレパシー時間原子が再構築されて、テレパシー時間分子となり、ひと月に1回、地球の中心の鉄鋼水晶の正八面体に位置づけられます。この実践は、昨年の「時間をはずした日」の南極における二重拡張電子により解き放たれた普遍的なテレパシーの基礎です。

私たちはいまや二重拡張電子が、毎週のテレパシー量子をつくり出す際の、第1のチャージであるということを知っています。第2のチャージが北極における心的電子で、それが今年の「時間をはずした日」のテレパシー瞑想の対象です。二重拡張電子の目的は、心を物理平面の電子に乗り込ませて、そうすることでそこからそれが純粋に心的な第2の電子を噴出させることでした。だから、二重拡張電子なのです。今年、私たちは純粋に心的な電子北極に位置づけるものの、同時に二重拡張電子を南極に保ったままにしておきます。ダイアグラムの注釈の文章に注意してください。「リミ(LIMI)、第6年、陽極の立方体部分子。心的電子が発生する(ME)。放射状プラズマが精神磁気の極性安定のはじまりを可能にし、外側の立方体が完了する(1〜6)」。

視覚化の際には、放射子のリミに対応するこの心的電子(ME)が、物理平面の電子のすべての能力やチャージを持つようにしてください。しかしながら、いまやあなたがたは、北の磁極で四次元の元素を確立しつつあります。この純粋に心的な電子(ME)は、惑星の共振する生命精神場を電磁場と結びつける際に重要です。来たる年のあいだ、この結びつきを維持することが、地球の電磁場をその崩壊から完全に守るうえで非常に重要になります。この北極における生命精神的な活性化の目的は、地球の生命電磁気的な構造を安定化させるだけでなく、それを浄化することも含まれます。実践をより強化してください! 色彩的な赤い磁石、すなわちあなたの感覚を放射状化し、あなたの心をスペクトル化する預言的な浄化の光力の活性化に備えてください!

クロノグラフのフラクタルの置き換え:シンクロノメトリックなレディオソニックス、時間統制を構築する

「倫理プロジェクト」は、フラクタルの置き換えの原理によって作動します。フラクタルの置き換えにより、日々のキンは、惑星ホロンの領域およびあなたの身体の5つの主要な生命精神センターのひとつと同一とみなされます。
1年に73回、時間における秩序の形に従うことを通して、あなたはあなたの身体と惑星のあいだの対応を確立します。しかし、これは、「時間の法則」により導入されるフラクタルの置き換えのひとつのレベルにすぎません。毎週、コドンを立方体化することは、別なタイプのフラクタルの置き換えで、そこではコドンの6線構造が立方体の形に置き換えられます。フラクタルの置き換えに関連するのが、フラクタル時間圧縮です。
フラクタルの置き換えのように、フラクタルの時間圧縮は、キンの同等の法則により作動します。「時間の法則の20の銘板」によるクロノグラフの導入は、時間の圧縮のひとつの組を標準化します。そうすることで毎年、たとえば、1300年を成就するようなことです。今年、私たちは、竜の創世記の最初のウェイブスペルを完了しつつあります。この宇宙の月の4週間は、クロノグラフ1、キン13の月、すなわち宇宙の空歩く者に対応します。このフラクタルの時間圧縮で、1キンは月ごとの100年に等しく、週ごとに25年ということになります。私たちが赤い律動の月の年をはじめる時、私たちはクロノグラフ上の魔法使いのウェイブスペルの1300年を辿ることになります。キン1からキン208までのあいだはいつでも、自分がクロノグラフのどの位置にいるかを見いだすことができ、それに同調することができます! 7:7::7:7では、さらなる週ごとのフラクタル時間圧縮のレベルが導入され、それもまたクロノグフラを辿る複数のレベルを含んでいます。これらすべては、何をやっているのでしょうか?

クロノグラフを辿る、時間圧縮のためのキンの同等のを確認することにより、あなたはいくつかのゴールを達成します:1)あなたは、フラクタルの置き換えと時間圧縮の多重レベルを同時に維持する方法を学ぶことにより、確実にあなたの心を拡大しています。2)このタイプの活動は、放射子の利用可能性を刺激します。そして、3)同時に作動するフラクタルの置き換えの組は、時間における建築物の場をつくり出します。これが、レディオソニック建築の土台です。

それの働き方は、次のようなものです:あなたの身体は、時間における点です。特定の瞬間におけるドリームスペル、テレクトノン、倫理プロジェクト、コドンを立方体化する作業などによる共時性秩序へのあなたの参加で、あなたは心的・テレパシー的な交点、すなわちそれによりいくつもの時間ベクトル潜在力が入手可能な交点を確立します。「時間の法則」に応じてあなたが自分の技能を増すにつれ、あなたは自分のテレパシー的な交点により収容される、時間ベクトル潜在力の密度のための能力を確立します。放射子とルーン・プラズマの同期により円滑化されるこの時間ベクトル潜在力の密度が、時間旅行のための発射ビームとしてあなたの交点を共働させます。7:7::7:7は、このプロセスを大きく加速することでしょう。

フラクタルの置き換えと時間圧縮のプロセスは、「時間の法則」の進化する新しい科学の実験的および経験的な側面から成り立っています。それは、いまや<シンクロノメトリックなレディオソニックス>の宇宙科学と定義されうるでしょう。この新しい科学は、ひとつの作業モデル、放射状母体−プラズマ宇宙モデル(RM−PUM)と、理解と応用の手法、すなわちシンクロノメトリックなレディオソニックスそれ自体のシステムに基づいています。
1.モデル:RM−PUMの宇宙科学モデルは、周期的に自己進化する恒星−銀河秩序の自己刷新、自己発生の構造を司る、四次元の放射状数学母体により作動します。この放射状母体秩序の最も原初的な構成要素は、プラズマ、恒星集団として知られる現象を通して一種の放射線として広がっている電気的な「流動体」です。プラズマから引き出される最も基本的な複合構造は、本質的にまったく精神感覚的なある種の量子として知覚可能です。そして、それが、進化する二次的な反映である生命のDNAや遺伝(発生)秩序を条件づける役割を担っています。

2.理解と応用の手法:「時間の法則」によって司られるシンクロノメトリックなレディオソニックス、知覚可能なリアリティの精神感覚的な質感(テクスチュア)は、共時性秩序と呼ばれます。共時性秩序のエネルギーは、共時性として知られる現象を通して作動します。シンクロノメトリクスとは、共時性の事象の尺度のこと、あるいはまた測定(尺度化)された共時性のことです。シンクロノメトリックな場は、知覚可能な三次元のリアリテイの秩序を包含し、それを満たし、またそれよりも大きな四次元のリアリティの調和秩序のひと組としての放射状母体のプログラムです。

レディオソニックスは、そのすべてがシンクロノメトリックスの機能である、天空調波、フラクタルの置き換え、フラクタル時間圧縮と切り離すことのできない精神感覚的な統一の技法のことをさしています。精神感覚的な統一の、レディオソニックスには、以下の二つのレベルがあります:

●プラズマのレベル。このレベルでは、7つの放射状プラズマが二つの原初的なタイプの量子、すなわち感覚量子とテレパシー量子を構成しています。4つ組になったこれらの量子のそれぞれ4つが、テレパシー時間原子の4つのタイプをつくり出します。これらは、私たちの星系が現在、経験しつつあるスペクトル化の新しいレベルを共発生させる目的のために、7:7::7:7を通して人間の心がいまや到達可能になった共時性秩序の調整構造です。

●遺伝のレベル。このレベルでは、遺伝子コードの64コドンが、銀河の規範的なレベルでの「時間の法則」に応じての振る舞いを確立する、64のウル・ルーン、すなわちマスター生命電気伝導体コードのひと組とともに、その可能な順列すべてを通してテレパシー的に結びつけられています。これは、「時間の法則の20の銘板」により確立された予備的な実践です。

テレパシー的なシンクロノメトリーの手法によるこれら二つの応用の組み合わせが、極超有機的、精神感覚的なレディオソニック建築のテクノロジーの土台としての基礎レディオソニックスを確立します。ルーン・プラズマ同期は、生物圏の知性の高原状態を共働させ、認識の土台あるいは精神生代全体──AD2013+26,000年──のための場を設定するとともに、それは時間旅行をはじめるにあたって不可欠です。これが、時間統制を構築することです。

7:7::7:7と放射子に浸されたウルの回帰にご期待を

7:7::7:7は、いまやその完成の最終段階に入っており、翻訳のために諸外国のPANノードに、また実際にプレイするために北米の選り抜きのPAN集団にも入手可能になるでしょう。「時間の法則の20の銘板」のフルカラー版も用意されつつあります。そして「7:7::7:7」と「時間の法則の20の銘板」の双方は、「ドリームスペル」と「テレクトノン」の版を補う形で、インターリンク・プロダクションズにより香港で生産されるようになるでしょう。目標は、これら4つの「銀河連盟文化緊急プログラム」のすべてをひとつのパッケージ、つまり「銀河時間の宇宙テトラド。地球の魔法使いの完全な知識と知恵」として入手可能にすることです。この「銀河時間の宇宙テトラド」は、7.15のあとには限定版として準備がなされるべきです。その意図は、預言の第7年、白い共振の魔法使いのはじまりまでに、新しい銀河文化の基礎が複合的な世界危機に対する最も知的かつ包括的な解決方法を提供する確立された現実となることに疑問の余地はないということです。
たとえどんな形で世界が転回しようとも、放射子に浸されたウルの回帰は、アルクト・ウル・ス(ArctURus)計画の最終的な実施の前兆となります。それは、グレゴリオ的な終わりの時の文明の容赦ない荒廃からヴェラトローパ24.3の生物圏を救出し、あがなうことです! もう中古の現実はいりません!あなたが映画スターなのです!

ドリームスペルの日ごとの舵取りの位置で会いましょう!
あなたの毎日の視覚化を投影するのを忘れないように:
人のホロン、惑星ホロンの磁石、サイバンク・サイ時間単位、
コドン立方体!

「倫理プロジェクト」、目に見えない大学の教師および共同学習者、
ヴァルム・ヴォタンとボロン・イク
舵取りの塔、時間船地球2013

宇宙の月15日、白い自己存在の魔法使い、キン134
預言の勝利を宣言する
16年間のクロノグラフ、月13、キン13、赤い宇宙の空歩く者
白い自己存在の魔法使い−白い銀河の鏡の倍音色彩
惑星ホロンと人のホロンで、通路家族・ルートセンター
サイ時間単位、キン252、黄色い倍音の人
サイバンク・プレート2、南が白い磁石を送り、北が受け取る
パルス・コドン+40(南)、−7(北)
コドン48、源泉への到達、銘板16
「建築工学が全体の秩序を解き放つ」、
第12段階の第1線、
コドン57、呼吸の心、「銀河オクターブの浸透」
太陽バイオテレパシーのより糸、16.9
黄色い南の区域(四半期)、赤い東の区域・東の星の象限
二相コドン7、銘板7、人々の心
「時間の木が地球を回転させる」
調波34、同等の知性を表現する
テレクトノンの預言を読む、第14項「気高い勝利の行進」
「時間の力学」の今日の基礎条件:14.4
「AD2000から2013年にかけての活動のプロセスの総計は、惑星および恒星の脈動の励起の共生を示す。惑星の脈動の励起は、生物圏から精神圏への移行として体験される。惑星サイバンクの啓示は、実際には恒星の励起の機能である」
預言の第5年、勝利は解き放つ

■ホゼ・アグエイアス(ヴァルム・ヴォタン)略歴:
ホゼ・アグエイアスは、シカゴ大学で1969年芸術史のPh.D.(哲学博士号)を取得してから、芸術というレンズを使って、自分が地球史の博士惑星(※訳注:Planetary History Doctor=Ph.D.)となったと考えた。彼が知ったことは、歴史が進展するにしたがって、金銭の価値が増大し、芸術が減少したことだった。そして、このようになったのは、「時は金なり」という考え方によるものだと、彼は結論づけたのだ。彼はまた、「植物が花を咲かせるように、人は芸術を行なう」ということにも気づいた。金銭が増えれば増えるほど、植物は減り、金銭の代わりに芸術をつくる人間が減った。問題は、人間、植物、あるいは芸術にあるのではなく、誤った時間にあった。
歴史の問題を治癒するには、正しい時間を見い出し、惑星治療医(Planetary Healing Doctor)になることが必要だった。正しい時間を見いだすために、彼は太陽銀河時間トンネルに入らなければならず、そうして正しい時間を見つけだした。正しい時間を携えて、その時間トンネルから最終的に出てきたとき、彼はもはや地球史の博士、ホゼ・アグエイアスではなく、惑星治療医ヴァルム・ヴォタンとなっていた。彼はいま正しい時間における正しい治療薬、「時は芸術なり」を持っていると宣言できるようになった。

−ヴァルム・ヴォタン

<黄色い倍音の種>の年・1997.7.26〜1998.7.25
倫理プロジェクト・ニューズレター Vol.2
著者:ホゼ&ロイディーン・アグエイアス
訳者:高橋 徹

Copyright (c) 1997-1998 by Jose & Lloydine Arguelles