13の月の暦 パン・ジャパン・ライブラリー【本館】へようこそ

hu


★ニュース (G2018.12.18/赤い宇宙の月の年 律動の月6日 KIN54)

「13の月の暦・説明書」改訂版製作スタート&カンパのお願い!
改訂版【動きの中の13の月の暦】ホゼ&ロイディーン・アグエイアス著

PAN十勝(前身PANブクレット帯広)では、現在、銀河教育ツール制作資金のカンパを募っています。ご興味を持ってくださる方は以下をお読みいただき、ぜひカンパのご協力をお願いいたします。

PAN十勝では、高橋徹さん&高橋いづみさんご夫妻に託され、「13の月の暦・説明書」ホゼ&ロイディーン・アグエイアス著(PCC東京より1997年初版発行)をコツコツ配布をしてまいりましたが、この度ついにその資料が完売しました!

この資料は、暦の使い方などのマニュアルではなく、「13の月の暦」の成り立ちや背景、この暦を使う意義や仕組みについて、暦の提唱者であるホゼ&ロイディーン・アグエイアス夫妻が直接語りかけるとても大切な資料です。完売してもそのまま絶やすわけにはいきません。

そこで今回、高橋徹さんとも相談し、訳語やタイトルを更に推敲し、改訂版【動きの中の13の月の暦】を制作配布することといたしました。本当の「13の月の暦」の輝きを知るために、これからもずっと必要とされる情報だと思うからです。

もちろんこの資料は、利益を生み出すための商品としてではなく、銀河の教育ツールの一環としてボランティアベースで制作されます。それでも、必要な費用は必要となります。1冊の配布価格を1300円くらいまでに抑えるために、今回は200部の印刷を見込んでいます(刷数が少なとコスト高になるため)が、現在の資金残高(古い資料からの売上)だけでは5万円ほど印刷代が足りません。

そこで皆様にカンパのお願いです。
【動きの中の13の月の暦】を絶やさず制作&配布し続けるために、印刷代金カンパのご協力をいただけないでしょうか?ご協力をいただければ、今回200冊の印刷が可能となり、1冊1300円くらいで配布ができます。そしてその売上によってまた次へと繋げていくことができます。

銀河の教育ツールは、このような魔法で生み出されてきたのです。皆さまのご協力を心からお待ちしています。

◯目標金額:50,000円
◯募集期間:2019年2月6日または、目標金額に達したタイミング。
◯お振込先:ジャパンネット銀行/はやぶさ支店
店番号003
普通預金口座番号 2820374
口座名義人 タキガワチヅコ

赤い宇宙の月の年/律動の月6日 2・魔法使い(G暦2018.12.18)

PAN十勝 瀧川千津子
pantokachi@gmail.com

ご注意:カンパをいただいた方でも【動きの中の13の月の暦】は自動的には送られません。ご入手には、改めてお申込と費用が必要となりますがどうぞご了承ください。

----------------------------------------------------

当サイト【パン・ジャパン・ライブラリー】では、「13の月の暦」の提唱者である、ホゼ&ロイディーン夫妻の提言を、無償公開しています。(こちらのWEBサイトは「13の月の暦」のいちユーザーであるRangzen Obaraが、ボランティアで2001年秋に開設し、管理しているサイトです。開設当時、ホゼ・アグエイアス氏の日本での代理人として、彼の出版や著作物の管理を任されており、その業務の延長としてこのサイトのオープンしました。代理人としての業務は2005年に完了していますが、「13の月の暦」提唱者から直接発信された内容を、これからもより多くの皆様にお届けするため、こちらのサイトは変わらずキープしています。)

----------------------------------------------------

★【ライブラリー閲覧室】・・・「13の月の暦」の提唱者である、ホゼ&ロイディーン・アグエイアスの講演記録、提言、リポートなどの資料の一部が収められている図書館。このサイトの心臓部です。

★【PAN銀河ツール】・・・ホゼ&ロイディーン・アグエイアスによって発表された、銀河ツール日本語版情報。(ただし全ての日本語版銀河ツールの配布は完了しており、再配布の予定はありません)。

★【13の月の暦 関連情報】・・・「13の月の暦」に関連した書籍、サイト、カレンダー等の各種情報。

★【銀河の7方向への祈り】UP!

★パン・ジャパン・ライブラリー【別館1】
ドリームスペル専用サイト


★パン・ジャパン・ライブラリー【別館2】
PANブックレット専用サイト

----------------------------------------------------

「13の月の暦」は、マヤ暦とイコールではありません。「13の月の暦」には、マヤの大切なエッセンスが織り込まれてはいるものの、ホゼ&ロイディーン・アグエイアスによって創られた全く新しい暦です。

こんにち「13の月の暦」に関する情報(書籍・インターネットのサイト・勉強会など)は、デタラメなものも含め沢山出まわっています。それらはまさに玉石混合。元の情報を巧妙に隠してアレンジし、さらには占いなど、商売の道具として利用されているケースが多々有ります。

また、資格ビジネス大流行の昨今ですが「13の月の暦」の情報を伝える為の、講師認定制度や資格制度などは、最初から一切存在していないことも付け加えておきます。
13の月の暦を使うために、誰かに何かを認めてもらう必要など、どこにもありません。

・・・それにしても、何故この新しい暦が作られたのでしょう?何を目的として使うのでしょう?
是非、ご自身で考えてみてください。他人が言っていることをそのまま鵜呑みにせず、様々な情報をご自身で探し検証し、そしてご自身の時間を発見して頂けたらと思います。その為に、このライブラリーの情報をお役立て頂けたら幸いです。

パン・ジャパン・ライブラリー管理人
Rangzen Obara

dreamspell2013@gmail.com

白い律動の魔法使いの年 共振の月16日

7・地球 KIN137/赤い共振の地球 魔術の亀の日に。

----------------------------------------------------

◉【13の月の暦】の大基本

----------------------------------------------------

◉【13の月の暦】勉強会情報!

----------------------------------------------------

13の月の暦ユーザー交流の場がFacebookに誕生!


◉「13の月の暦 水晶の円卓」


----------------------------------------------------